言霊の幸わう国

誰がために

 昨日は、着ていく洋服が決められず出かけるのをやめてしまった。
 やめてもいいような用事だったのでよかったのだけれど、こんな理由で拗ねるようにうちに引っ込むのはカッコが悪いなと思った。

 季節の変わり目は毎度のことながら、着ていく洋服に頭を悩ませる。
 帰りは寒いなとか昨日履いた靴は履きたくないなとか、考え出すとキリがないのだ。
 そこに雨が降ったりすると、傘はどうしようとまた悩んでしまうのでかなり大変だ(って、そんなにおしゃれでもないのにね~)。

 いつも自分がきもちいいと思えるような洋服を、着ていたいと思う。
 肩の力が抜ける洋服や、背筋がシャンと伸びる洋服も、その日の自分の気分に合うものだと足取りも軽くなる。
 だからわたしは、自分のために着たい洋服を着る。
 誰のためでもなく、自分のため。

 さて、今からクローゼットをひっくり返して、会社にがしがし足が向く洋服を探そ~っと。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-11-18 22:44 | 一日一言