言霊の幸わう国

連敗脱出

 うちから出ない日が続くと、顔にしまりがなくなる。
 風邪と寒さとで、ここのところ休みでも出かけないことが多かった。
 わたしは休みだと化粧はしないので、どうしてもぬぼーっとした顔になる。
 そういう顔は、いかにも病人顔で自分でも見ていてきもちのいいものではない。

 今日は休みだったけれど、どうしても気になる仕事があったので2時間ほどだけ職場に顔を出した。
 うちを出るまでは、かなりのろのろとしたペースで支度をした。
 いざ出かけても、電車を待つホームでは帰りたいなというきもちでいっぱいだった。
 でも職場に着いたら、なんてことはない。

 病は気からというけれど、ほんとうにそうだなと思う。

 どうも体調の悪さときもちが停滞していることで、いろんなことが億劫になっている。 
 なにが1番ネックになっているのか?
 そりゃ、もうこの寒さしかない。

 寒いと動きも制限されるし、着るものも同じものばかりになる。
 だいたいいつも着るものでテンション上げているので、そりゃローテンションにもなるわなとしみじみ思った。

 寒さを場外までふきとばせるような、あったかい洋服を買いにいこう!
 で、さぼっていた爪も肌もちゃんとお手入れしよう。
 そしたら、表情もきもちも、もうちょっとキリッとするかな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-12-19 21:59 | 一日一言