言霊の幸わう国

今年をふりかえる その弐

 今年も残り7日。
 今日も、今年をふりかえってみよう。
 テーマは、今年の旅。

 1.函館 
 雪の坂道をキャーキャー言いながら上ったり下りたりしたからか、テンションが上がってしまい、旅では考えられないくらい日本酒を飲んで、二日酔いになった。
 翌日の、スコーンと晴れた青空が忘れられない。
 
 2.台湾
 会社の研修旅行で、初めて台湾に行った。
 ほんのわずかな時間、町をてくてく歩いたら、もっとここにいたいなと思った。
 また近いうちに行ってみよう。

 3.春キャン
 初めての春キャンプ。
 雨の心配ばかりしていたら、みごとに雨が降った。
 しかも風がきつく、かなりへこんだ。
 
 4.沖縄 
 のんびりした。
 水族館の青さとそこに流れる時間の速度に、きもちが緩んだ。

 5.金沢・輪島 
 雨女には珍しく、1滴の雨も降らなかった旅。
 青く晴れた空の下、輪島へ車を走らせながら聴いたくるりの「ロックンロール」が強烈な印象を残している。
 魚もお酒もおいしかった。

 6.長崎
 自ら企画した初めての誕生日旅行。
 誕生日を関西以外の町で過ごしたいと、行きたかった長崎に向かった。
 そこで発見したことは、自分がとっても坂道がすきだということ。
 汗だくで坂をのぼったり、下りたりしている3日間はただただ楽しかった!

 7.ぼんキャン
 6年目のぼんキャン。
 でも初めてのことが多かった。
 いつも食事係をかってでていたので、「そうめんできたよ~」と呼ばれたこと。
 筏に乗って川の真ん中から見た景色。
 何年たっても、毎回初めてを感じたいと思う。
 
 8.松本・安曇野
 この旅で、絵本の楽しさを思い出せた。
 山が近くて、その山を横目に走るまっすぐの道が新鮮だった。


 年頭の目標だったとはいえ、我ながら、旅した1年だったと思う。
 旅に出ることが、もっともっと自分の日常の当たり前になればいい。
 来年も、また旅に出よう。
 わたしを呼んでる町がまだまだある。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-12-24 21:01 | 一日一言