言霊の幸わう国

スタンダード

 今、ほしいものがある。
 i-podかウォークマン。
 それと、コンパクトなデジカメ。

 最近、電車で本を読みながら。
 原付を走らせながら。
 今ここに、音楽や映像を記録できるものがあればと思うことがあるのだ。

 ぼんやりと車内や車窓を眺めながら、今ここに音楽があれば、見える景色に想像以上の色がつくのかなと思ったり。
 言葉では表現できないような景色に出会ったときに、この景色をみんな見せて、自分の言葉を添えて伝えたいなと思ったり。

 でもなかなか手が出ない。
 変化を厭うということではなく、今のこの、本を広げているスタンダードな生活を置き去りにしてでも変化を求めるべきなのかと考えるのだ。

 今年も、いろんな新しいものを見つけた。
 手にしてドキドキ・ワクワクしたものはたくさんある。
 でも。
 それが自分のスタンダードになるのは、そう簡単なことではない。

 もう少し、時間をかけて考えよう。
 今の自分の表現や感情の容量が越えたら、新しいものを素直に手にできるかもしれない。
 保守的かな。
 でも、今もっているものは大切にしたいとも思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2005-12-27 00:48 | 一日一言