言霊の幸わう国

11年

 また1年がたった。
 不思議と、この日は朝からの勤務が多く、いつもあの時間に目が覚めている。

 何年たっても、あの日のことを思い出す。
 あの突き上げるような揺れ。
 とっさに布団の中で考えた、大事なもののありか。
 現実のものとは思えなかった、町の風景。

 5時46分。
 黙祷。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-01-17 06:02 | 一日一言