言霊の幸わう国

記憶の中で生きている

 未だに、面影を見つけてしまう人がいる。

 ・・・見つけてしまう。
 いや、目につくのではなく、ほんとうは探しているのだろうか?
 自分でも、ほんとうのところはわからない。

 ときどき、なぜかいつも空いた電車に乗っているときに、その人と過ごした時間をリアルに思い出す。
 思い出すと、体がバネのように撥ねているんじゃないだろうかと思うくらい、それはときに強烈な衝撃を生む。

 なぜ、そんなにその人の影がいつまでもちらつくのか。
 今でもすきだというわけじゃない。
 後悔しているわけでもない。

 あのときわたしが、とこれっぽっちも思わないわけではないけれど、あれがあのときの精一杯だと思っているし、次は同じ失敗をしないようにというきもちではいる。
 前を向いていない、ということではないと思う。
 でも、ふと、そんな言葉も強がりなんだろうとか自分を疑うきもちになったりもする。

 わたしは、記憶の中で生きている。
 ときどき、「過去」を掬い上げてみては、壊さないように静かに指の隙間から開放する。
 そして前に進んで、また思い出したように掬い上げる。

 なんだか今日は、そんなことをくり返している自分が鮮明にイメージできた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-01-22 21:35 | 一日一言 | Comments(8)
Commented by goggo911 at 2006-01-23 21:09 x
そういうことあります、あります。
なかなか言葉に言い表せなかったことなので
なんだかスッキリ。
ありがとうございます。
Commented by fastfoward.koga at 2006-01-23 23:06
goggoさんへ
こちらこそ、ありがとう。
ほんと、ありがとう。
Commented by cool-october at 2006-01-24 21:54
かけがいのない時間だったからじゃないかな。
僕も昔のデートコースを思い出すと、やっぱりいま隣にいる人よりも昔の人を思い出しちゃうし。
Commented by aoi-tuki-aosora at 2006-01-25 16:54
こんにちわ^^*
”選択肢”も読みました。
うまく表現できないけど・・・この感覚、分かります。
私もgoggo911さんと同じように、なんだかスッキリで、ありがとうです^^*
なかなかコトバで表せない感覚を、目で見えるカタチで表現できるって良いなとも想いました。
Commented by fastfoward.koga at 2006-01-25 20:38
coolさん、こんばんは。
かけがいのない時間、というのは間違いないですね。
わたしはその人と一緒に歩いた桜並木を、ふと歩きたいなと思うことがあります。
ひとりでなのか、その人となのか、別の人なのか、わかりませんけどね。

だから、人には思い出が必要なんでしょうか?
Commented by fastfoward.koga at 2006-01-25 20:40
aoi-tuki-aosoraさん、ありがとうございます。
書いたものの、とても抽象的でみなさんにコメントをいただけるようなものではないと思っていたので、わかると言ってもらえてうれしいです。
ほんと、ありがとうございます。
Commented by tabijitaku at 2006-01-26 01:18
山崎まさよしの「One more time, One more chance」、有名な曲ですからご存知かもしれませんが…。文章や気持ちに呼応する写真や歌というのがあると思うのです。
Commented by fastfoward.koga at 2006-01-27 00:54
tabijitakuさん、こんばんは。
まさやんですね。
実は知っているようで、よく知らないので、まさやんファンにCDを貸してとお願いしました。
じっくり聴いてみます。
ありがとうございます。