言霊の幸わう国

フルボリューム

 現在、感じるボリューム、最大。

 今日は、磔磔(タクタク)にくるりのライブを見にいってきた。
 4ヶ月にわたるツアーの最終日。
 めいいっぱい、汗だくになって、叫びに叫んで、楽しんだ。

 終わった後はこの余韻を逃してはいけないと思い、四条から京都駅まで歩いた。
 京都タワーをまっすぐ見上げながら、烏丸通をてくてくと下った。
 歩きながら、いろんなことを考えた。
 でも、考えるボリュームよりも感じるボリュームのほうが勝っていたので、考え事は車の中から眺める景色のように、現れては消え現れては消えてゆき、今はもうほとんど頭に残っていない。
 その一方で、感じたことはずっしりお腹の中におさまっている。

 こめかみの横を流れるの汗。
 お腹にずんずん響くベースの音。
 誰かが吸ったたばこの匂い。
 背伸びしすぎて疲れたふくらはぎの痛み。
 冷たい風にさらされて冷えた首筋。
 京都タワーを目の前に感じた空腹。
 地下街の蛍光灯の白さ。
 読んでも読んでも頭に残らない文字。
 久しぶりに食べたラーメンの味。
 ぼんやり感じる眠気。

 どれも、みんなしっかり受け止められた。

 なにかがまた、自分の中でスタートしたような気がする。
 その証拠に、わくわくしている!
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-01-31 23:52 | 一日一言