言霊の幸わう国

旅の話 「恋の行方」

 松島の観潤亭で恋みくじをひいた。
 Y嬢といっせーのーでで開いてみると、彼女は小吉、わたしは中吉だった。

 そのおみくじは少し変わっていて、占いのようなアドバイスが書かれていたり、恋みくじなのに「学問」という項目があった。
 Y嬢のおみくじの「学問」の項目には、「英語の復習をしましょう」と書かれていた。
 お相手は英語を話す人なのか? とふたりで大爆笑した。

 ちなみにわたしのおみくじには、こんなことが書かれていた。

  星座 : 双子座がよい。蠍座はさけなさい。
  血液型 : A型かО型がよい。B型はさけなさい。
  年齢差 : 三歳以上離れない方がうまくいきます。
  十二支 : 卯歳以外ならよい。
  方位 : 南か南西がうまくいきます。
  縁談 : 考えるのはまだ早いが、非常に良縁ならば二年程待って進めなさい。
 
 やけにリアルな表現で、おもしろい。
 しかし、次に恋をして、おみくじにそう書いてあったからとわたしは2年も待てるだろうか?
 意味なく待てないな~、なんてこったと思った。
 結構真剣に箱に手を突っ込んでひいたけれど、内容の軽さにがっくりした。
c0047602_21321778.jpg

 でもおみくじにはこんな歌も書かれていた。

  「一心に 真心尽くせ 授かりし 縁に 愛の 倖せを 得ん」 

 それは、しかと、受け止めた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-02-23 21:34 | 旅行けば