言霊の幸わう国

「One more time, One more chance」

 1月に書いた「記憶の中で生きている」に寄せてもらった旅じたくさんのコメントに、この曲名があった。

 まさやんファンにCDを借り、何度もくり返し聴いた。
 1曲だけをリピートしたり、そのままの曲順で楽しんだり、ランダムで別の曲とのコントラストを意識してみたり。

 まったく聴いたことがなかったわけではないけれど、歌詞カードを見るまで心にひっかからなかった言葉があった。

「記憶に足をとられて 次の場所を選べない」

 そうか。あのときのわたしは、これだったのかと気づいた。
「呼応する」という言葉の意味を実感した。

 音楽って、おもしろい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-03-19 23:30 | 耳袋 | Comments(2)
Commented by rabbitK at 2006-03-20 08:31
今日、偶然来させていただきました。はじめまして。
記憶・・・・今ブログを書くことで整理中です。
歌詞や本の中の一節、ひとことにピッと反応してしまうこと、
私もよくあるんですよ。
そういうことも、いつも私もメモしてますね。
Commented by fastfoward.koga at 2006-03-20 23:59
rabbitkさん、はじめまして。
わたしはメモはしない派なんです。
あくまでも記憶に残ったものが価値がある、と考えているので。
rabbitkさんくらいマメなら、また違ったものが見えるんだろうななんて思ってしまいました。