言霊の幸わう国

更新情報 8 (図書室)

 久しぶりに、図書室に本を入れました。
 今回は、村上春樹の作品12冊です。

 更新しながら、案外彼の作品を読んでいるんだなという思いと、まだまだ彼の作品、そして彼に関する書物はたくさんあるのだなという思いがしました。
 もう少ししたら、彼が訳した海外文学にも手を出してみたいなと思っています。

 
 これで、図書室の本は全部で182冊になりました。
 まだ図書室というにはおこがましい数ですね。
 でも、本棚は3つ目です(この本棚が68冊しか入らないというだけの理由ですが)。
 もう少しマメに更新してゆけるよう、がんばります。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-03-23 16:01 | 本の虫 | Comments(2)
Commented by 旅じたく at 2006-03-23 23:04 x
プラハからの報道によると、チェコのフランツ・カフカ協会は、小説「変身」「城」などで知られるプラハ出身の大作家フランツ・カフカ(一八八三−一九二四年)にちなんだ文学賞「フランツ・カフカ賞」を、日本の作家、村上春樹氏(57)に贈ることを決めた。授賞式は十月三十日にプラハの旧市庁舎で行われる予定。
…だそうです。
素敵なスキン(背景のほう)ですね。
Commented by fastfoward.koga at 2006-03-23 23:38
旅じたくさん、こんばんは。
そんな賞があるんですね。とっても、すばらしい。
ちょうど今、今日購入した「東京奇譚集」を読み終えたところです。
すごく楽しい時間が過ごせました。
スキンは気分転換に替えてみました。オレンジもすきな色だったんですけど。