言霊の幸わう国

人の目

 今日は休みで、1日すっぴんで過ごした。
 結構久しぶりのことだ。
 出かけるときはちょっとそこまで行くだけでも化粧はして出かけるので、すっぴんでいるイコールうちから一歩も出ないというのがわたしのお決まりだ。

 が、今日はすっぴんのままコンビニに行った。
 どうしても今日行かないといけない用事だったのだけれど、夕方になって思い出し、雨が小雨になったところでじゃまくささをかなぐり捨て、えいやっと出かけたのだ。
 化粧をしなくっちゃと思ってしまうと、もういいやとなっていただろう。
 でも今日は、お天気が悪いとまわりの人はきっとぼんやりしているだろう、と勝手な言い訳をして、ろくに鏡も見ずにうちを出た。

 身だしなみには気をつけよう。常々そう思っている。
 でも、たまに手を抜いてしまう。
 で、そういう日に限って、会いたくない人と会ってしまうんじゃないかという恐怖心につきまとわれる(まるでユーミンの歌だ)。
 だから、まいいっかと出かけたものの、電車に乗って後悔することがよくある。

 でも、よく考えると、キャンプに行ったときはいつもお風呂あがりはすっぴんだ。
 初めのころは化粧をしなおしていたけど、男子チームを待たせるのもなんなのでそのままだ。
 同じく、寝起きの顔だって見せている。
 しかも寝癖のついた、飲みすぎと枕が低いせいでむくんだ顔。
 ぶさいくもいいところだ。

 気を抜くところは抜きたいけれど・・・。
 やっぱり、身だしなみには気をつけないといけないな。
 すっぴんがいけないということではないけれど、今日のわたしはかまわなすぎた。
 反省。
 
 人は見られることを忘れたら、おしまいだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-03-29 00:10 | 一日一言