言霊の幸わう国

幸せな匂い

4月3日 晴れ

 出かけた帰りの電車。
 座席に座って本を広げたとたん、膝の上にのせたトートバックからいい匂いがした。
 さっきまで緊張しながらもお話していた素敵な人が作った、幸せな匂いだなと思った。

 今日は、大和郡山にあるmamepanapolloさんのお店に行ってきた。
 もうすんごい緊張した。
 それはmamepanapolloさんも同じだったようで、ふたりで緊張した~とか緊張する~と連発していた。
 でも、楽しかった。
 想像していたとおりの、清々しい人だった。

 この世の中に、会いたいと思う人はたくさんいる。
 今日のようにその願いが叶う人もいれば、叶わない人もいると思う。
 でも、会える人には会えるようにできている。
 最近は、そんな気がしている。

 おいしい幸せな匂いを電車で満喫したら、もっとその気分に浸っていたいとあるところに足が向いた。
 そのあるところとは、本屋・・・。
 ぐるぐる大きな本屋をまわって、まわって、まわるだけまわって、財布と相談して雑誌を1冊だけ買った。

 あ~、やっぱりものをつくる人って、いいな。
 持っている空気が違う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-04-03 20:07 | 一日一言