言霊の幸わう国

水に浮かぶ

 最近、お風呂場にいる時間が長くなった。
 もともとあまり長風呂はすきではないので、長くなったと言ってもしれているのだけれど、お湯に浸かってぼんやりする時間が増えた。

 わたしはどんなに暑い夏でも、お湯に浸かる。
 お湯に浸かって、いろんなことを考える。
 仕事の段取り、その月のスケジュール、今日の自分の言動、ブログに書くこと。
 ともだちの披露宴のスピーチを考えたのもお風呂場だった。
 きっと余計なものがまわりにないから、考えがまとまりやすいのだと思う。

 昔から、水がすきだった。
 小さいころに水道の水を出しっぱなしにして、流れる手に水を浸して遊んでいてハハに叱られたことがある。
 水遊びがとにかく楽しくて仕方なかった、ということを体のどこかが覚えている。

 今日、浴槽に頭をひっかけてふっと天井を見たとき、懐かしい感覚が湧き出た。
 しばらくはそれがなんだったのかわからなかったけれど、少ししたら思い出した。

 小さいころ、小学校にあがる前に、スイミングスクールに通っていた。
 自分から行きたいと言ったのだ。
 平泳ぎ、クロール、背泳ぎ、バタフライの足まで、そこで教えてもらった。
 今でもプールの消毒液の匂いと、誰かのバタ足の反響する音がリアルに蘇る。
 水が肌に触れる感覚は、特に二の腕あたりで強く覚えている。
 不思議なものだ。

 わたしが今日思い出したのは、そのプールの天井だった。
 背泳ぎで泳いでいたときに、プールサイドに手をつくまで見つめていた天井。
 
 ふとしたときに、水に浮かびたくなることがある。
 泳ぐのではなく、仰向けになってただ水に浮いていたい、と。
 でも実際問題、そんなことができるところは少ない。
 天井が高くて、空が見えて、人が少なくて、敷居が低くて、泳がないことを気にしなくてもいいプール。
 ・・・あるとは思えない。

 今、無性に、水に浮かんでプールの天井を見ていたあの瞬間に戻りたい。
 風呂場じゃ、無にはなれないのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-04-14 23:01 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by rabbitK at 2006-04-14 23:55
 おっ、また魚人間発見してしまった。私、嗅覚がするどいのでしょうか。
 人間は、魚から進化した魚人間と、鳥から進化した鳥人間の二つのタイプに分かれるそうです。魚人間は、泳ぐ夢は見ても飛ぶ夢は見ず、鳥人間は飛ぶ夢は見るけど、泳ぐ夢は見ないとか。
 私は魚タイプなのですが、ずっと鳥人間しか出会ったことはなかった。この話をブログに書いたら、今ブログの中に魚人間をいっぱい発見して、びっくりしてるんですよ。
 しかし。fastfowardさんは飛ぶ夢を見てるかも・・・どっちか知りたいな。
Commented by mack at 2006-04-15 17:25 x
■古賀ちゃん、元気してますかぁー。
お風呂は浸ると「羊水」に包まれたいた頃の原始記憶細胞を刺激するんだすなぁ。
外界への好奇心一杯状態と、何かに守られている安心感一杯状態とが交錯するのんではにゃーか?
あ、ご飯が炊けたわい、では晩飯創作モードに入りまする。
では、またね~。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-15 19:54
rabbitkさん、こんばんは。
あの記事、読ませていただいてました。コメントはしませんでしたが、わたしはどっちだろうと考えたんですよ。
そのとき答えは出ませんでしたが、こうして考えると、わたしはやっぱり魚ですね。
でもどっちの夢も見ないです。
ただ空よりも水のほうが身近で、慣れ親しんだ感はかなりありますね。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-15 19:57
mackさん、晩御飯はもう食べた?
我が家は今晩は筍ご飯でした。

「羊水」に近いものは、昔から探していたような気がします。
わたしは潜水をしているときに、よくこんな感じだったのかな~と思っていたんですが。
前世というものがあるとしたら、きっと水に近いなにかだったような気がします。
Commented by mack at 2006-04-15 22:34 x
■チンジャオ用に竹の子水煮買ってたの忘れてたぁー、ただの焼肉になりますた晩飯のオカズは。
素粒子を持って生命体と考え得るならば、水そのものであっても可笑しくはないだすなー。
人知で考えられる大宇宙も、ただの素粒子なのかもしれまへん、人は無限を感覚で捉えられないだすから・・・。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-16 21:06
mackさん、こんばんは。
難しい話です・・・。
でも、無限を感覚で捉えられないなら、それに近いなにかは手にしたいなと思いました。
それがいったいなんなのか、わかりませんが。