言霊の幸わう国

命題

 人との関係において。
 緊迫したり、緊張したりする状況になったとき、この手を離せたらどんなに楽かと思うことがある。
 自分の考えを一方的に述べて相手に答えをゆだねてしまえたら、そう思うのだ。

 いつもいつも、相手と自分の間に見えない糸があって、それを引いたり緩めたりすることをくり返しているような気がする。
 所謂、かけひき、というものなんだろうか。
 自分がしていることは、その言葉のもつ印象ほど計算したものがあるとは思えないけれど、どう動こうかと思案することは多い。

 ギリギリだと感じるゾーンまできたとき、何度も手を離すことを考える。
 正確に言うと、放り投げる、くらいのきもち。
 悩んでいることを、リセットボタンを押してゼロにしてしまおうと思うのだ。

 でも、めったにしない。
 先に手を離したら、きっと後悔するような気がするから。

 相手を傷つけるとか、自分の負けを認めることだから、ということではなく。
 ただ、向き合った相手に対しては誠実でいたい。

 誰かと向き合うことも、その相手との関係に緊張感が漂うことも、そうあることではないと思う。
 だったら、相手に対する感情がプラスであろうと、マイナスであろうと、どちらにしても、お互いが正々堂々と向き合うことは筋をとおすことのような気がするのだ。

 相手の動きを、息をひそめてじっと見て、なにかを先に読み取ったり、感じ取ったりしたとしたら、あとはそれを手にした自分の責任だ。
 手にしたくてそうしたのだから、掴んだものが自分にとってよくないものでも、ケリはつけないといけない。

 ばかみたいな責任感に囚われていると思う人もいるかもしれない。
 でも、わたしは、誰かに同じことを強要したいわけではない。
 これはただ、自分が自分に課した命題なのだ。

 だから、わたしは思っても、手にした糸を先に手離すことができない。
 離した手ではなにも掴めないはずだ、と信じていたりするので。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-04-16 22:11 | 一日一言 | Comments(10)
Commented by cool-october at 2006-04-17 06:30
わかるなぁ。
でも根性なしの僕は手を離しちゃうケースの方が、多いんだけどね。
Commented by rabbitK at 2006-04-17 09:39
ああ、最近、ちょうど同じことを考えました。
ん?近いこと、かな? ちゃんと向き合うか否かってこと。
後ろ向いて気付かぬフリすることは、正直言ってあるけど。
それが自分の好きな相手ならば、
やはりちゃんと体の向きをその人に向かって、正面に置き直さないと・・・とか思って。
Commented by BoneWhite at 2006-04-17 18:41
相手によってですが手を確実に離してしまいます。
どちらかというと放り出すよりです。
幸運にもfastfoward.kogaさんのような廻りに助けられているようです。
私のような人間しかいないと世の中成り立ちませんので
バランスだなあ、とつくづく思います。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-17 22:20
coolさん、こんばんは。
なんとなくですが。
coolさんはそんなことを言いながら、手を離さないような気がするな。
そんなとこないですか?
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-17 22:22
rabbitkさん、こんばんは。
すきな人だから正面でちゃんと向き合いたいとわたしも思いますが、すきな人だからできないということ、ありますよね。
そういうところも、命題だと思う今日この頃です。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-17 22:26
Boneさんへ
わたしも手を離すことはもちろんあります。
でも、離したあとにいやなきもちになるんですよね。
それがいやで、それに耐えられないというのがわたしの正直なきもちです。
いっそ相手が離してくれたらと思うので、かなりずるい人間です。
Commented by cool-october at 2006-04-18 06:08
んー。昨夜手を離しちゃいました。
さすがに心は痛みましたけど。
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-18 10:34
coolさんへ
あらあら・・・。
離しちゃいましたか。
その手が必要なら、また掴みにいってくださいね。
Commented by aoi-tuki-aosora at 2006-04-18 17:39
自分に都合が悪くなると、離したくて離したくて 落ち着かなくなる気がします。

>誰かに同じことを強要したいわけではない。
 これはただ、自分が自分に課した命題なのだ。
↑こうゆう(悩みながらも?)芯の強さのある女性に、憧れます。
fastfoward.koga さんは、私より年上なのかな?と思っているのですが、こんな風に 歳を重ねられたら、素敵だなと、読むたびに思っています。^^*
Commented by fastfoward.koga at 2006-04-19 19:10
aoi-tuki-aosoraさん、こんばんは。
きっとわたしのほうが少し(?)年上だと思います。
わたくし、32歳ですから。
素敵なんてお褒めいただけるほど、たいしたことはありません。
毎日迷って悩んで、でも進むべき道は1本しかないと信じていようと思っているだけなので・・・。
お恥ずかしい。