言霊の幸わう国

思い立ったが吉日

 少し汗ばむくらいの陽気。
 なのに、またもや仕事。
 人の流れにさからって職場へ向かった。

 休憩時間に、窓から外を見た。
 暖かい空気に誘われて、窓際まで近づいた。
 そしたら、きもちのいい風が頬をなでた。

 まだ自転車しか乗ることのできなかったころ。
 たぶんそのころに感じた、風。
 ふと堤防にすわって、風を感じたいなと思った。
 仕事なんてほっぽりだして、風通しのいいところへ行きたくなった。

 4月は寒すぎた。
 それがやっと最終日、文句なしで春になった。
 もう初夏がすぐ後ろに待っているような気もする。
 そう思うと、いてもたってもいられなくなった。

 明日はうちでのんびりしようかと思っていたけれど、出かけることにした。
 わたしを呼ぶ場所。
 天気予報も、ばっちり。
 電車の時刻も、ばっちり。

 さあ、明日に備えて、今日はもう眠ろう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-04-30 23:50 | 一日一言