言霊の幸わう国

わたしのゴールデンウィーク

 飲みすぎた。
 日本酒にワインにと調子よく飲んでいたら、結構早い時間にダウンした。
 早々とひとりタクシーに乗って、ぎりぎりセーフでタクシーを降りた。
 朝7時に目覚めたら、とんだもない格好で眠っていた(ここには書けません)。
 あ~、コンタクトをはずさねばと思ったけれど、ビデオのデジタル時計の表示は見えなかったのではずしてちゃんと眠っていたことが判明した。
 洗濯物を洗濯機に放り込み、化粧を落として、水分補給をして、またベッドに入った。
 うとうとしながら、怖いことを考えてしまいそうになった。もう元には戻れないかもしれないと思うこと。
 あぁ、こんなことを考えると眠れなくなるなと思ったところで思考のスイッチがうまく切り替わり、するするとまた眠りにひっぱられた。

 次に目が覚めたら、11時だった。
 冷静に考えると、ともだちと別れるきっかけや、タクシーの運転手さんにした道順の説明や、うちに入ったときのこと、コンタクトをはずしたこと、手に握っていたハンカチの行方など、謎がやまほどある。
 かなり記憶がとんでいる。
 昨日のお酒はやけ酒では決してなく、きもちのいい店で気心の知れた安心できる相手と楽しく飲んだ。
 ひどい二日酔いではない。でもなんとなくしゃきしゃき動けなかったので、さっきまでごろごろしていた。
 今日したことといえば、ペディキュアを塗ったくらいだ。
 真っ赤なペディキュア。塗りながら、ぼんやりすきな人のことを考えていた。
 これで、わたしのゴールデンウィークは終わる。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-05-06 19:21 | 一日一言