言霊の幸わう国

尾道へ 1歩目

 ときどき、気になる言葉を辿りながらいろんな人のブログを渡り歩くことがある。
 同じ言葉でも使う人が違うと言葉の色合いや意味や湿度が違うものだなと、いつも思う。
 世の中には、ほんとうにたくさんのいろんな人がいる。

 この間も、どこをどう進んできたかもうわからなくなったあたりで「尾道」という言葉を見つけた。
 どんなことが書かれているのかと思いながら、文字をクリックした。
 現れた画面には、ついこの間見たばかりの尾道の海があった。

 写真を見ただけで、尾道のどのあたりから写したものかすぐにわかった。
 その人の文章を読み進めると、間違っていなかったこともわかった。

 覚えようとしていたわけではない。
 でも、坂道を、石段を、上っては降り、降りては上りする間に何度も眺める景色だから、自然と頭に入ってしまった。
c0047602_1147798.jpg

 尾道には、こんな狭い道がいくつもある。まるで迷路のように。
 でも、迷うことはない。背中に山を、正面に海を見ていれば、必ず広い道にたどり着く。
 尾道の法則だ。
 
 ほんまに、いいとこ。あくせく歩き回っても、きもちはのんびりできる。
 みなさんもぜひ行ってほしいので、気が向いたときに、少しずつ尾道をご紹介したいと思います。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-05-23 11:53 | 旅行けば