言霊の幸わう国

ドロ沼の恋

 朝からずっと1日中、言葉について考えていた。
 きもちの容量が狭くなっていて、自分に向かってくる言葉にうまく対応できていないことに憤っていた。
 スイッチに少しでも触れたら、一気に涙が出そうだった。

 だから、こうして書くこともつらいと思っていた。
 でも、わたしは書くことを辞めることができない。
 それは書くことへの執着ではなく、どちらかというと読まれるということへの責任と意地だ。 
 誰に対しての責任と意地なのか、考えたら馬鹿馬鹿しい。誰も、わたしに書くことを強要などしていないのに。
 そう思うものの、やっぱり辞められないのだ。

 ただ、言葉のご褒美がほしい。
 今、こうして書きながら、自分のほしいものが急にわかった。

 プライドが高層ビルほど高いので、与えられるだけは自分が許せない。
 自分がなにかを発信して、相手のアンテナにひっかかる。そこでまた何かが生まれて、それを読んで自分でまた何かを作り出す。
 わたしが求めるのは、そういうもの。
 そうやって生まれる言葉がほしい。

 ・・・また、ややこしいことを考えているな。わたし。

 昼間は、言葉に囚われていた。手も足も、頭も胸も、がんじがらめになっていた。
 言葉には、何度でも笑みをもたらしたり、涙を誘ったりする力がある。
 でも一方で、手にする場面が違えば、まったく違う言葉に感じることもある。
 それを意識したのは今日の夕方になってからだけれど、わたしはずっと前からそのことを知っていた。
 だからどんなに残酷な言葉でも、必ず反芻した。何度でも何度でも、傷口にナイフを突き立てるように言葉をなぞった。

 いつもながら、いやな作業だ。気が遠くなる。
 でもそうしているうちに、言葉と言葉の間から急にむくむくなにかが湧きあがってくる。じっと痛みに耐えたら、それを見つけて、手にすることができるのだ。
 わたしはそのなにかが自分を強くしているのだと、思う。

 タダより高いものはない。
 なんて言うと色気もないけれど、わたしは言葉に囚われながらも恋をしているのだ。
 それもずぶずぶ溺れる感じの、ドロ沼の恋。
 今日のようにときどき逃げ出したくなるけれど、一生足は洗えないことはわかっている。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-05-24 20:53 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by 旅じたく at 2006-05-24 22:15 x
見たよ、ネームカード。コガさん、君に精一杯の愛情のある言葉を送ろう(笑)
「お前、タメじゃんかよ!!!」
昭和48年か生まれ。なんでか分からないがおかしくてしょうがない。ベビーブームの受験地獄。バブル崩壊、熱い昭和のお下がりのような時代。よくぞきょうまで生きて来たな丑年、という共感(?)
わたしはてっきり20代前半のお嬢さんだと思っていました。ずいぶん若いのに深く考える子だな、と。でも君が32歳なら、こう思う。
「それって普通だよ」
ドンと遠慮なく背中を叩けるぐらいに、そう思う。
わたしは20代の子に頑張れとは言いたくないのです。しかし30代の奴には踏ん張れよ、と言ってやりたい。
ネームプレートの映画欄に知ってる映画ばかりだ(笑)
次は魚南(なななん)キリコをぜひ。
Commented by cool-october at 2006-05-24 23:35
30代前半って、いろんなことで壁にぶち当たる時期だと思う。
仕事のこと、将来のこと、恋愛のこと、結婚生活のこと etc
多分それって誰もがいつかぶち当たるんだけれど、それを早く経験するか
もっと後になって経験するか、だけなのだと思う。

若いうちに当たっておけば、それを乗り越えた分早く強くなれると思う。
つらい作業をした苦労は、ちゃんと報われると僕は思ってますよ。
Commented by rabbitK at 2006-05-24 23:42
「一生」という言葉、覚悟を感じて良いですね。
あ、「イイ」とかいうと他人事に聞こえますね・・・潔いと言うべきかな。

自分も、言葉というものに、常に踊らされている人間です。
きっと誰でもそういうところはあるのかもしれません。
ツールとしての言葉、表現としての言葉。いろいろな使い方がありますよね。

最初にkogaさんのブログを覗かせてもらったのは全くの偶然でしたが、
確かにひっかかるもの、惹かれる魅力がありました。
kogaさんの書かれるもの、ホントすごく魅力的なんですよ。
Commented by fastfoward.koga at 2006-05-25 06:19
旅じたくさん、おはよう(今日から、タメ口で)。
わたしは、旅じたくさんが同い年だとずっと知ってました。
んでもって、わたしも年齢のことは結構書いていたつもりなので、当然知っていると思ってたのに~。
でも先日、旅じたくさんの鹿児島の写真の中で向田邦子の話がありましたが、そこで書かれていた「昭和48年生まれ」という言葉を読んで、そうそう同い年なんだよなと、旅じたくさんがコメントに書いてくれたようなことをわたしも思って笑ってました(笑)。

愛情溢れる言葉を胸に、叩かれた背中の痛みを心地よく思いながら、今日も仕事に行ってくるよ。
Commented by fastfoward.koga at 2006-05-25 08:16
coolさん、おはようございます。
ほんとうにいやになることはたくさんあるのですが、わたしも乗り越えたらその分のご褒美はあるといつも信じているのです。
がんばるよ。
旅じたくさん同様、同世代のcoolさんの言葉は身に沁みました。
ありがとう。
Commented by fastfoward.koga at 2006-05-25 08:19
rabbitkさん、おはようございます!
「言葉に踊らされている」という意味、よくわかります。
rabbitkさんもいつも言葉と真摯に向き合っているなと、思っていたので。
わたしも同じくrabbitkさんの紡ぐ言葉に、なにかを感じます。
うまくコメントを返せないことが多いのですが、そこからなにかを生みたいなと思ってるんですよ!
いつもありがとうございます。