言霊の幸わう国

なぜ仕事をするのか? なぜならそこに仕事があるから

 以前はこんなことを書いていたわたしも(「切り札」)・・・。
 昨日はこんなことを書いて(「チャージ満タン!」)、8時間眠ったのに・・・。
 今日、栄養ドリンクに手を伸ばした。

 ハハは昨日、ここ数日のわたしの帰宅時間と「ただいま」という表情を見てつい口から出たのだろう。
「忙しいのん?」と言った。

 なぜか、「うん」と即答できなかった。
 忙しくなければ、休日出勤も残業もしない。
 だから「そうやねん」と言えばいい。
 でも、そうハッキリと答えられなかった。

 忙しいって、なんだろう?

 忙しい、と言う自分は、いつも時間にせかされていた。
 期限やしめきりに追われていた。
 今のわたしの状態は、時間があるないの次元ではない。ただやることが山積みになっているだけだ。
 単なる時間の問題ではない。
 今後悔しても仕方のない、今まで自分がしてきたことがなんなのか、それと毎日毎日向き合っている。

 今いる場所になにを残してゆけるのか。
 考えるのはそればかり。

 きっと胸の中に、頭の中にあるすべては残してはゆけない。
 でもやりきりたいと思う。
 だから、まだ余力を残して栄養ドリンクを飲み干した。

 中長距離は苦手なのだ。
 スタミナがないのは、昔から。
 でも7月まで、・・・いや、これから1年かな、ばてるわけにはいかないのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-05-28 00:45 | 一日一言