言霊の幸わう国

奥の細道 7日目

「えんぴつで奥の細道」は、今日で7日目。
 毎日書くと言っていたわりには、進みが悪い。
 それはなぜかと言うと。
 この本は、テレビも音楽もかけず、素面で静かに広げようと決めたから。

 最近、うちでもアルコール摂取するようになった。
 ひとりで飲むのでもちろん量は少ないけれど、1日おきくらいは飲んでいる。
 ぼーっとしたまま飲んでしまい、あっと気づいてみちのくへの旅へ出られなくなることが多いのだ。

 深川から草加を通り、やっと、日光へたどり着いた。
 郡山へもまだ倍の日数がかかる。
 松島へは、今月中に行けるかどうかが不安だ。

 そんなことを考えながら、わたしは少しずつ少しずつ歩を進めている。
 行ったこともない地に、大きく思いを馳せている。
 そんなきもちの表れだろう、この間草加市に行った夢を見た。
 目が覚めて、すぐは草加市がどこからでてきたのかわからなかったけれど、楽しいという思いが胸はしっかり残っていた。

 こんなふうに、旅に出なくても、旅に出る方法。
 よくよく探すと、他にもある。
 わたしのひそかな楽しみだ。ふふふ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-03 00:34 | 旅行けば | Comments(2)
Commented by mack at 2006-06-03 08:17 x
■そうだすなー、飲酒して字を自筆すると「みみずの細道」になってしまうだすな。
どんな字でも、こころが平静でないと「字」にはなりませんものねぇ。
Commented by fastfoward.koga at 2006-06-03 13:05
mackさん、ちわーっ。
そうなんです。芭蕉に失礼のないように素面でと決めています。
字をなぞるのも、結構大変なんですよ。