言霊の幸わう国

5月の巻

1  村上春樹   像の消滅
2  村上春樹   スプートニクの恋人 ※
3  村上春樹   中国行きのスロウ・ボート
4  セルジュ・ブリュソロ
            ペギースー 宇宙の果ての惑星怪物
5  野中柊     きみの歌が聞きたい
6  ミヒャエル・エンデ
            モモ ※
7  絲山秋子   イッツ・オンリー・トーク
8  山本文緒   群青の夜の羽毛布
9  北村薫     街の灯
10 中原みすず  初恋
11 安住磨奈   GIRL MEETS BOY ※
12 安住磨奈   胸騒ぎの理由 ※


 たぶん、ブログを書き始めてから、冊数で考えると1番本を読んだ月だったと思います。
 怖いくらいののめり込み方だな、と自覚しています。
 ちょっと6月は控えようかな・・・。
 と言いながら、今日は1日うちにいてずっと本を読んでいました。
 読み終えないと次になにもできないという、ちょっとした強迫観念のようなものがありました。
 おかげで本代もすごいことになっています。

 本の神様がまだそばにいるみたいなので、払いのけるような失礼はできませんから、静かに静かにまた今月も本を開きたいと思います。

(6月5日に訂正しました。読んだ本が1冊抜けてました。)
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-04 20:14 | 本の虫