言霊の幸わう国

とめどなく溢れる

 なんかようわからんけど、言葉が溢れ出てしゃーない。
 次から次へと言葉が体の底から生まれる。

 久しぶりにヨガに行って、小学校のときのプールのあとのだるさみたいなもので体中が支配されてるのに、妙に頭が冴えている。

 疲れた、しんどい。
 そう思うのに、こうしてパソコンに向かってしまう。
 でも書いても書いても言葉が尽きないから、疲れた、しんどい、とまた思う。

 今のわたしは、水が沸き出る泉のようなもん。
 一体、なにが起こったのか?
 自分でもようわからん。
 誰か、止めて。これがまだ続いたら、壊れる、かも。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-09 21:45 | 一日一言