言霊の幸わう国

33

 今日、ファンレターをいただいた。
 まあわたしも偉くなったものだ。
 というのは冗談で、いやいや、わたしの方がものすごいファンなんですと言いたいくらいだけれど、そう言ってもらえたことは正直とてもうれしかった。

 以前、いつか自分の本を作りたいと書いたことがあった(「夢の種まき」)。
 送り主の方はそのことに触れて、「私と一緒にも作って下さい」と書いてくれた。
 もともとものを作ることをされている方なので、そんなことが一緒にできるなんて考えてもいなかった。
 ほんとうに光栄な、身に余る言葉だった。

 わたしは、自分が歳を重ねるごとに自由になっている気がする。
 就職をするときにうまく自分がやりたいことを見つけて、それを実行に移すことができず、20代前半はかなりもがいていた。
 あのときのことを考えれば、今はほんとうにのびのびしている。
 鎧を脱いで、やりたい! ほしい! と思ったままを口にすることがずいぶんできるようになった。

 夢を夢だと語ること。
 それは歳を重ねる分だけできなくなることだと、どこかで思っていた。
 でもそうじゃないなとしみじみ思う。
 新しい場所へと進もうとする思いは、年々強くなっている。

 あと10日ほどで、わたしは33になる。
 すごくいい響きだなと思う。
 その未知なる数字に、胸が躍る。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-06-20 14:05 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by w-rainbow-rieko at 2006-06-20 20:31
うーん。何でかな☆
kogaしゃんの毎日に触れてけば触れてくほど、ことばを書きたくなります。
何て言ったらいいのか分からないけど、考えてること、想ってること、やりたいこと、
そういう色んなことをことばにして表したくなります。
あと、kogaしゃんが目にしたものとか、行った場所とか、ハコヤさんのお箱もそうだし、
見てると胸がきゅってなるんです。どういう感覚なのかは分からないんだけど
わたしの中の数少ない『女』の部分が出てくるっていうのかなぁ~?
ちょっとウルルンってなるんです。不思議☆
お姉ちゃんがいたら、きっとこんな感じなのかな...
Commented by mackworld at 2006-06-20 21:09
■それを「運気」といいますな。
人が何故か集まってくる、それには必ず時期があるんだよ、不思議なくらい寄り集まる時期が人生には必ずあるんだす。
大切にね、今の運気は生涯にわたり貴女を支えていくはずですから。

こら微塵子、ウチにも遊びに こんかい!(でも、ほんにgogaちゃんが好きなんやねーええことぢゃ)。
Commented by mackworld at 2006-06-20 21:11
■ごみん、またgogaちゃんになってた、どっかで何かが3ポイント離れてんのかなぁー オイラさみすい。
Commented by mackworld at 2006-06-20 21:22
■恐怖の3連発ぢゃ、ハコヤのお兄ちゃんも「夢の種まき」さんも、どこかで貴女に共感してるんだと思う、最初はkogaちゃんの固いコリコリゴリゴリ感にやや抵抗があったけれど、しばらく見ているうちに気にならなくなった、おそらく自分の中にある糞真面目な部分と共鳴音を奏でてていたからだと思う、だからある部分似てるなーと思った。
ふつうは、不協和音で抵抗感を味わうのに貴女と同じでオイラもへそ曲がりだけんね、あはは。

うーん、何かを言いたかったはずなんだけれど・・・

また明日ね。
Commented by fastfoward.koga at 2006-06-20 21:47
リエコさん、こんばんは。
胸がきゅってなるという言葉、ありがたくちょうだいします。

会ったらがっかりされないかが、とっても心配です・・・。
Commented by fastfoward.koga at 2006-06-20 21:51
mackさん、こんばんは。
おお、恐怖の3連発。
わたし、へそ曲がり?  ひねてるとは思うけど。
って、それは同じか(笑)。
また明日ね。