言霊の幸わう国

丸めた紙

 紙をまるめて、クローゼットの扉に投げつけた。
 今日は途中まで調子よかったのにな。

 片手でくしゃっと丸まってしまう紙。
 今のわたしにちょうどいい。
 右手で丸めて、もう1度開く。
 左手で丸めて、もう1度開く。

 それを何度もくり返す。

 毎日ちゃんと前に進んでいる。
 少しずつでも、前に進んでいる。

 でもちょっとさみしい。
 でもさみしいと感じられたことにほっとしている。

 片手で丸められるくらいのさみしさと、ほんのちょっとの怒り。
 広げてみるくらいの余裕。

 わたしは今月をどんなふうに終えるんだろう。
 しばらくこの紙はおいておこう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-07-11 23:10 | 一日一言