言霊の幸わう国

流れる思考

 燻る思いで、今日もぶんぶん自分を振り回している。
 でも今日は昨日とは違う。
 夕飯はおいしく感じられたし、テレビをつけずに電気をちゃんとつけてくるりを聴きながらどこにもたれるのではなく前のめりになりながら本を読んでいたら、少し心地よくなった。
 蒸し暑さがないのも、大きな要因だ。扇風機の風が、そよそよ言っている。

 書く気もしなかったし、ここに綴りたい言葉もなかったので1度はパソコンを閉じたのだけれど、そんな気分の変化で落としたパソコンの電源をまた立ち上げた。

 今日は彦根に出張していた。
 今月、4回目。でも今日で最後。
 出張先の空気になじんだところで、7月は終わる。

 行きの新快速の中で、となりにすわった大学生らしき男の子は本を広げていた。
 薄めの文庫本。
 なぜかなにを読んでいるのか気になって覗いてみたら、「ジーキル博士とハイド氏」だった。
 わたしよりも前に電車に乗り、わたしよりもあとに電車を降りた彼。
 彼はあの物語からなにを考え、なにを思うのだろう。

 罪と罰について考えていた。
 弱いわたしは、相変わらず罪は背負うが罰は受けたくないと思っている。
 罪を背負うことで罰を受けたことにはならないかと甘いことを考えている。
 これは10代のころから、変わらない。
 成長しない。

 帰りの電車は、久しぶりにつり革を持って揺られていた。
 ぱっと目を引く女の子がいて、その要因をこっそり横目で探していた。
 辿りついた結論は、目がパッチリしていて、口角が上がっていることだった。
 目は、もうどうすることもできない。でも、口角なら上げられる。
 というか、1月前のわたしならそんなことは意識しなくてもできていた。以前の職場では当たり前のことだったのだ。
 でも今は意識しないとできないことになってしまった。
 窓に映る自分を鏡にして、数十分口角を上げる練習をした。
 そう、誰にも言われないから自分で言うが、笑っているほうがいいのだ。

 昼前くらいから左目に違和感を感じていた。
 でもなんの用意もしていなかったので、我慢してそのままコンタクトをはめていた。
 15時すぎくらいから上を向くと痛みが増してきた。
 うちに着いてから、すぐにコンタクトをはずした。でも異物感は残ったまま。
 明日は、メガネで仕事に行くことにする。久々のメガネデーだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-07-31 21:07 | 一日一言