言霊の幸わう国

7の呪縛

 わたしは、考えることがきらいじゃない。
 これだけ自分の考えることにがんじがらめにされていても、今日改めてそう思った。

 朝は車窓の景色を見ながら、落ちてゆく思考に頭を振ってブレーキをかけた。
 夜は本からときどき視線を上げ、どんどん流れてゆく景色のスピードにうまく乗っかった。

 電車の中で考えごとをするのが、すごくすきだ。
 思考が立ち止まりそうになっても、流れる景色に背中を押されることがたくさんあるから。
 止まりそうになった思考が動き出したり、加速を上げたりすることにかすかにスリルを感じる。

 本を読むスピードと同じくらい。もしくは、話すそれと同じくらい。
 今日はその速さで、思考回路が働いた。
 他の人はどうなのかわからないけれど、調子のいいときのわたしは、考えたことが即言葉に変換されてスクロールする画面のように淀みない文章になる。そこには、考えるという間さえも感じさせない速さがある。
 それは頭だか喉下だか胸の中だかで明瞭で舌滑(かつぜつ)よく響く内なる声となり、考え、言葉になった思考を改めて確認する作業へと導く。

 冷静かつ情熱的に。
 言葉は回転するメリーゴーランドに乗って、わたしの奥から現れて、わたしの中で反響する。

 5時過ぎに目覚ましで起きて、携帯の小さなウインドウを見た。
 日付は「8/1」。
 カレンダーのページがほんとうに替わったことをそこで確認して、ほっとした自分がいた。
 光るグリーンの文字が、力強く思えた。
 月が替わるだけできもちが変わるなんて、うそくさい。
 でも、今日はそれをやってしまった。

 8の数字。ただそれだけで、解き放たれた。

 誕生日でも梅雨明けでも夏休みでもなく。
 ただの数字。 

 そんなことを、快感さえ覚える思考のスピードの中、考えていた。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-08-01 22:04 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by rabbitK at 2006-08-02 07:35
7月は「まだまだ暑い日が前方に大量に残ってる」・・・というかんじですが、
8月になると、「あと一ヶ月の辛抱で秋も始まる」になります。
夏で、ちょっとシンドイ時、そんな感じは私的にはリアル!
kogaさんは夏は強いんですか?
Commented by fastfoward.koga at 2006-08-02 21:41
rabbitkさん、こんばんは。
わたしは強いとまでは言いませんが、やっぱり楽しもう! という意欲はむくむく湧きます。
rabbitkさんは、夏、苦手そうですね。