言霊の幸わう国

ただの違和感

 いつものように原付に乗って、駅から帰ってきた。
 同じ道をなに変わりなく辿ってきたのに、最後の角を曲がってガレージが見えてきたところで、ふと数日ぶりにうちに帰ってきたような気がした。
 飲みに行って朝帰りしたときにも同じようなことを思うことがあるけれど、今日のはそれとはまた違っていた。
 異空間から現実に戻ってきたような感じ。
 バイクを停めて、なんでだろうと考えたら、すぐに乗って帰ってきた電車が違っていたからだとわかった。

 今日は奈良で、前の職場のメンバーと一緒にゴハンを食べた。
 店を出て職場だったビルの前を通り過ぎ、まるで1月少し前のようにみんなとしゃべりながら駅へ向かった。
 電車を乗り換えて、先に降りる子をシートにすわったまま見送って、そこからみっつめの駅で降りた。
 いつもとは逆のホーム。
 階段を降りているときから違和感があったのだけれど、そのときはそんな小さなもやもやを追究せずにいた。
 改札を抜けて、いつもと同じように駐輪場に向かった。
 高架下を抜けて車の通りの多いところまで出たときにも、さっきと同じような違和感を感じた。
 そのときは、いつもと違う帰宅時間だからだと決めつけて、それ以上考えることはしなかった。

 センチメンタル。
 それとはまた違う。
 そこにあるのは、ただの違和感。

 わたしはどこかに属していないと落ち着かないタイプだけれど、今はまだおしりの型がつくくらい決まったところにすわり込んでいないからそんなことを感じたのだろう。
 と、思っている。

 もう感傷はない。
 でも。

 異動前に「がんばんねんよー」という言葉をくれた人から、今日メールが届いた。
「自分らしく仕事をすればいい。」
 メールにはそう書いてあった。
 そして「なにかあったときはね」と、最後は締めくくられていた。

 その人には恥ずかしくて情けないところばかりを見せてきたけれど、その人の言葉にあるように「自分らしく仕事をする」ならば、「なにか」を「あり」から「なし」にすることがそうなんじゃないかと思った。

 なにかがないなんてことは、ありえない。
 でもそのありえないところへ、行こうと思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-08-03 23:23 | 一日一言 | Comments(4)
Commented by mack at 2006-08-04 22:12 x
■秋には季節がかわるから。
Commented by fastfoward.koga at 2006-08-04 22:27
mackさんへ
季節が変わる前に、行くつもりなんだけど。
Commented at 2006-08-04 23:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fastfoward.koga at 2006-08-05 21:06
mackさんへ
うん、のんびりじゃなく、急げるところは急いでみようかなって。