言霊の幸わう国

短い夏

 今朝は、1度5時過ぎに目が覚めた。
 3日間その時間に起きていたので、自然と目が開いた。
 一瞬目覚ましは? とドキッとしたけれど休みだと思い直し、またすぐすとんと眠りについた。
 次に目が覚めたのは、7時過ぎ。
 いつもならそこでまた眠って9時過ぎまでうだうだするのだけれど、今日はもう眠れそうになくて、自分の部屋で朝のニュースを見ていた。

 いつもより動きの回転数が上がったのか、出かける支度もてきぱきすませて地下鉄に乗った。
 階段を上って出た四条通は、まだ寝起きの空気が漂っているような印象を受けた。
 人もまだまばらな通りを見て、ふと小学生のころのラジオ体操の帰り道を思い出した。
 まだほとんど手をつけられていない新鮮な空気と、陽射しの薄さが似ていたかもしれない。

 同じ道を何度も往復しながら、スーツの上着を腕にかけた女の人と何人もすれ違った。
 てろてろのブラウスにジーパン、そしてラフなサンダルという対照的な姿のわたしは、どう見ても休みの人って感じなんだろうなと思った。

 休みでもっと学生やこどもがうろうろしているかと思っていたけれど、案外目につかなかった。
 まだ夏休みは始まったばかりだしと考えて、ふともう8月になっていることを思い出した。
 こどもの夏休みはもう残り1ヶ月をきっているのだ。
 夏を感じるのがいつもより遅くて、ひとり勘違いをしてしまっていた。

 不思議なもので、子供のころから夏は8月で終わると思っている。
 スタートラインは曖昧なのに、エンドラインはぶれない。
 わたしの夏の定義だ。

 ということは、今年の夏は短くなる。
 たまにはそんな年もいいか。夏と秋の、あの中途半端さを中途半端なりに楽しめばいいだけのことだ。
 季節はまた巡ってくる。
 また来年、新しい歳で迎える夏が来る。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-08-04 19:44 | 一日一言