言霊の幸わう国

ぼんキャン 帰宅

 うちに着いて、すぐに洗濯機を回した。
 日数分よりも多いTシャツと、水着と、くたくたになった綿パン。
 洗濯機から取り出して干そうと思ったら、夕立が降ってきた。
 でも、空は明るい。
「キツネの嫁入りやね」というハハとともに、ベランダに出た。

 ぼんキャンも7年目。
 毎年毎年、今のところ1年も欠かすことなくこの時期に出かけている。
 メンバーもそうそう大きくは変わらないのに、毎回なにか新しいことがあったり、起こったりする。
 それに対して受動的なのか能動的なのか、自分でもあまりよく考えたことはなかったけれど、今年のぼんキャンは間違いなく能動的だった。

 わたしの盆休みはこれで終わり。
 今日は早く休んで、明日からの仕事に備えなくては。
c0047602_17141051.jpg

[PR]
by fastfoward.koga | 2006-08-13 17:13 | 旅行けば