言霊の幸わう国

8月の巻

1  保坂和志   カンバセイション・ピース
2  川上弘美   ニシノユキヒコの恋と冒険
3  川上弘美   おめでとう
4  赤川次郎   悪魔のような女
5  保坂和志   この人の閾
6  本多孝好   FINE DAYS
7  伊藤たかみ  ミカ×ミカ!
8  ダ・ヴィンチ編集部
            秘密。 私と私のあいだの十二話
9  伊藤たかみ  指輪をはめたい
10 川島誠     海辺でLSD
11 谷村志穂   君はなぜ泳ぐのをやめるんだ ※
12 奥田英朗   イン・ザ・プール
13 小路幸也   東京バンドワゴン
14 絲山秋子   沖で待つ
15 伊藤たかみ  八月の路上に捨てる     
16 野沢尚     殺し屋シュウ


 最高読書数、記録。
 休みが多かったこともあり、8月はほんとうにたくさんの本を読みました。
 狂ったようにというのはこういうことを言うのかもしれないと、8月の終わり頭ではなく体でそう感じました。
 さすがに今は、本屋に行っても飢えたこどものように本をあさることもなくなりました。読むペースもちょっと落ちましたし。

 今月もいろとりどりの作家に、いろとりどりの作品。
 川上弘美の「ニシノユキヒコの恋と冒険」はちくちくと胸の痛みを感じながら、読みました。
 誰かに、どこか、似ていると思いながら。

 伊藤たかみは、芥川賞を受賞してからそれまでの作品が一気に本屋に並びました。
 それまで探すの大変だったんですけど。
 デビュー作と2作目は、どこかひとりよがりで捨てばちな印象がありましたが、受賞作の「八月の路上に捨てる」と「指輪をはめたい」は大人になったなぁ、と感じました。
 少しずつまた読んでいこうと思う作家です。

 そして今月の大ヒット。
 小路幸也の「東京バンドワゴン」です。
 早々とライフログにも追加しましたが、この作品、ほんとうにおもしろいです。
 古本屋と喫茶店を営む親子4代の大家族の話ですが、家族の一員がそれぞれいろんな事情を抱えて毎日生活しています。
 それがまた現代的で単なる家族の心温まるお話になっていなくて、すばらしいのです。
 特に、お話の語り手が亡くなった「大ばあちゃん」なのですが、そのそっと家族を見守る厳しさと優しさの入りまじった視線が、読んでいてふあんといいきもちにさせてくれます。
 いつかおばあちゃんと呼ばれるような年齢になったら、こんな女性になりたいと思いました。


 余談ですが今日、朝日新聞に毎週土曜日はさまれてくる「be on Saturday」に気になる言葉を見つけました。
 ある商品を紹介する記事だったのですが、そこに「ほんのわずかな時間でも読書にあてたい現代の二宮金次郎たちにおすすめなのが・・・」と書かれていました。

「現代の二宮金次郎」。
 思わずあの有名な像を、頭に思い浮かべました。

 今月のハイペースで、今年は目標の100冊は楽々達成できそうです。
 現代の二宮金次郎は、今月もまた読み続けます。

(22時30分に訂正しました。読んだ本が1冊抜けていたのと、伊藤たかみの芥川賞受賞作を間違えて書いてました。)
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-09-02 19:19 | 本の虫