言霊の幸わう国

いけすかない街

 初めてトーキョーへ行ったのは、確か大学生のころだった。
 それからときどきライブを見に行ったり、兄のところへ行ったりしていた。
 そのころは、トーキョーで関西弁を話すのが恥ずかしかったり、行きかう人に恐怖心を持ったりした覚えがある。

 ここ6年くらいは、毎年必ず研修や会議で東京へ出かけてゆく。
 そこでは話さないと行った意味がないので、トーキョーで関西弁を話すことにも抵抗はなくなったし、街中で漠然と怖いと思うこともなくなった。

 でも、ずっといけすかないところだと思っていた。

 不思議なのだけれど、トーキョーの街を歩く人はみなトーキョー顔をしている。
 そしてふと考える。
 じゃあ、わたしはキョウト顔なのか。
 キョウト顔って、いったいどんな顔だ。

 そんなことを虎ノ門のスタバで、通り過ぎている人を見てぐるぐる頭をめぐらせた。
 おかしいのがそのあとで、そんなことを考えていたのに昼食をとるために外に出たある日、「虎ノ門駅はどっちですか」と道を訊かれた。
 その人にはわたしがキョウト顔に見えなかったらしい。

 最近はトーキョーに行ったら、できるだけ歩くようにしている。
 どうしても地下鉄で移動することが多いので、いろんな制限がなかったら駅3つ分くらいは歩く。
 そうして、旅したときと同じように道と位置関係を覚える。

 今回は日本橋、神田駅周辺を歩いた。
 なんてことのないと思っていた場所も、自分の足で歩いてみるとおもしろい。
 と思いながら、さくさくと雨の中ホテルへ帰った。

 やっぱり5センチヒールじゃ、歩くのも限界がある。
 もう仕事でトーキョーへ行くこともなくなるだろうし、次からはもっと歩きやすい靴で行こう。
 いけすかないと思っていた分、きっと楽しいだろう。

 でもトーキョーをすきなところだとは言いたくないし、言わない。
 なんだろうねぇ、そこはキョウト人のプライドなのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-09-18 21:40 | 一日一言 | Comments(8)
Commented by calligraphy_m at 2006-09-19 15:15
トーキョー人(厳密に言うと元サイタマ人)からすると、キョウトはあこがれの地です。
車か電車で自転車を持ってって、ちゃりちゃり名所旧跡を走りたいなと思ってるのですが...いつになるやら?
ただいまキョウトの手みやげを知りたくて
平澤まりこさんの「京都ご案内手帖」を見ながら
京都旅の妄想を遊ばせているところです。
Commented by skamerie at 2006-09-19 22:51 x
トーキョーもキョートも都会やねぇ と、トーホク人は思うのでした。
Commented by fastfoward.koga at 2006-09-19 23:59
calligraphy_mさん、こんばんは。
なんでしょうねぇ、トーキョーに憧れがないわけではないのです。
でもその憧れはなんでもあるトーキョーに対してではなく、そこにあるトーキョーがよいと感じるのです。

キョウトもいい季節になります。
ぜひおいでくださいませ。
Commented by fastfoward.koga at 2006-09-20 00:00
skamerieさん、こんばんは。
いやいや、こんなことを書きながらも碁盤の目の中に住んでいないわたしはキョウトにもコンプレックスがあったりもします。
Commented by the-sahara at 2006-09-20 22:31
おお、カタカナにするだけで何か異世界のようです(笑)。
Commented by fastfoward.koga at 2006-09-21 00:02
さはらさんへ
異世界か・・・。
お住まいの方にはそう感じるのかもしれませんね。
さはらさんにとって、トーキョーってどんなところなんでしょうね。
Commented by the-sahara at 2006-09-21 00:26
いえいえ、私もここの流儀にならうならば、「サイタマ」に住み、
トーキョーに出稼ぎに出る毎日です。
トーキョーは住むところではないと思ってます。
実際、私が恋焦がれ続けるのはカンサイなわけです。

トーキョーには、良くも悪くもいろんなものや人が集まっていて、
そして非常にお金のかかる街。でも、そのお金が必要だけれども、
それこそ何でも吸収できる。始めることができる。そんな街ですね。
私のように貧しいものには、ちょっと面白くないかも(苦笑)。

でも、本の仕事がしてみたいと考えたときに、専門的に学べる
学校がトーキョーにはあることが分かりました。
少なくとも、進路を決めようというこの時期に、ここにいられることは
決してマイナスにはならなかったな、と思います。
ただ、カンサイほど無条件に愛することはできませんが。
Commented by fastfoward.koga at 2006-09-21 09:05
さはらさん、おはようございます。
ふむふむ、と読ませていただきました。
それだけ考えて毎日をがんばっておられたら、トーキョーへ行かれた価値はありますよ。
村上春樹のエッセイに書かれていました。
故郷を懐かしく思ってもそこに帰れる人と帰れない人がいると(文章は正しくありません)。
さはらさんは、帰れるといいですね。