言霊の幸わう国

手順書作成

 ほんの少し、本を読むペースを落としている。
 他に気をとられることが、あるからだ。
 でも、本の神さまはまだわたしのそばにいるらしい。
 以前ほどの密着度は感じないけれど、半径1メートル以内にはいるんじゃないだろうか。

 薦められて読んだ恩田陸の「夜のピクニック」。
 映画化もされたし、第2回本屋大賞も受賞していたから、存在はずっと知っていた。
 でも「青春」と書かれているものに今手を出すほどのことはないと、読まずにいた。

 読み進めるうちにひとつの言葉にひっかかった。

「『世の中、本当にタイミングなんだよな。順番といってもいいけど。(中略)
順番が違ってれば何とかなったのにってこと、ないか?』」


 順番。
 それを最近、考えていた。

 ものごとには手順というものがある。
 この順番でやれば、失敗しないとか、スムーズだとかいう決まり。

 仕事のマニュアルみたいに、ほぼ間違いのないものならそれでいい。
 でもそうはいかないことが、世の中にはたくさんある。
 手順が正しいかわからない上に、わたしには感情がある。
 こうしてみたい、そう思うきもちに抗ったりせずにいたほうがいいのか、それともやっぱり手順は一度手順となったからにはそれだけの意味があると抗わずにいたほうがいいのか。
 そんなことで、迷う。
 ふと。しばしば。ときどき。かなり。

 いけないと思いつつも、今得られるはずのない答を求めてしまっているので、迷いは消えることはない。
 でも、と思う。
 もう間違ってはいけないし、誰かを不要に傷つけてもいけない。
 今は自分の手がつかんでいるものを、大切に離さないようにすることだけを考えようと思う。
 順番は、これからわたしが創る。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-10-28 22:50 | 一日一言 | Comments(4)
Commented by mack at 2006-10-29 00:03 x
■いよっ、その意気ぢゃ!
青い春はもう卒業したんかぁ?
Commented by caosoi at 2006-10-29 00:53 x
あの時、あのタイミングでこう言ってれば・・・ってゆう苦い、
にっが~い想いがひとつ。ありますけども。

自分でつくったはずの順番さえ、すっとばす私はいったい。
どうすればいいんでしょうかねー。
Commented by fastfoward.koga at 2006-10-30 00:59
mackさん、こんばんは。
そうですねぇ、もう人生の青春時代は通り過ぎましたかねぇ。
そんなに自分は青くはないと思います。
Commented by fastfoward.koga at 2006-10-30 01:02
caosoiさんへ
あなたにもありましたか。
わたしも自分で作った順番をすっとばして、後悔の嵐です。
なので、次はと意気込んでいます。
やっちまったことは、もうどうしようもないのですー。