言霊の幸わう国

その日のために

 秋の夜長とは、よく言ったものだ。
 昨日も、今日も、夜が長くて仕方がない。

 少し前までは1日は24時間じゃとうてい足りないと思っていたのに、こんなものだ。
 きもちはコロコロ変わる。

 することがないわけではない。
 でも、ちょっとする気が起きない。
 音楽もかけず、静かな部屋でぼんやりしながら、手の届かないところにいる人のことばかり考えている。

 どうしたい、というわけではない。
 でも気にかかる。

 何ヵ月後か、年々後か、その人たちのことを振り返ったときに思うのかもしれない。
 時間が過ぎたのだなと。

 そう思うために今の時間があるのなら。
 甘んじて受け入れねば。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-11-04 22:26 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by mack at 2006-11-05 08:25 x
■ふーむ・・・。
Commented by fastfoward.koga at 2006-11-05 09:58
mackさん、おはよー。
Commented by mack at 2006-11-05 13:11 x
■ところで、kogaちゃん今日はなにしてるだすかー?
Commented by fastfoward.koga at 2006-11-05 15:46
mackさん、こんにちは。
今日は、バイク屋さんへ書類を届け、買い物して今帰ったところです。
Commented by formellow at 2006-11-05 15:54
時間があると、いろんなことを考えますね。
ただ、考えて「しまう」と思っていたけれど
ほんとは考え「られている」、なのかなと。
今の自分にまっすぐ向き合っていたなあって、
振り返ってみるとそんな時間だったことが多いです。
Commented by fastfoward.koga at 2006-11-05 15:58
formellowさん、こんにちは。
いい時間を過ごされてきたのですね。
なかなかそうは言えないと思いますよ。

わたしも、あの時間があったからこそ、と言えるようになりたいと思います。
頭を巡らせた相手に対して、せめてもの償いに。