言霊の幸わう国

欲ばり

 6月から、通っていたヨガを休んでいた。
 元々回数券を購入して、期限までに使い切る形で通っていたので、前回の期限が切れてからそのままにしていたのだ。

 7月に職場を異動して、すきな人ともうまくいかなくなって、ともだちと会うのも少し億劫になって、ヨガどころではなかった。
 なぜか意外だと言われるけれど、わたしはあまり1度にいろんなことができるタイプではない。
 気もそぞろになっている様子が顔に出ないし、ごまかし方がうまいようなので、どうもそうは見られない。いいんだか、悪いんだか。
 だから、いろんなことが落ち着くまでは行くのはやめておこうと思っていた。

 ほんとうは、来年くらいから再開しようかと考えていた。
 新しいバイクも予算オーバーだし、旅にも出るし、すきな人とも会いたいし、本を読むこともやめられないし、と時間もお金もそう余裕があるわけではなかったから。
 でも、今日ヨガスタジオの入っているビルの前を通ったら、ふらふらっと誘われるようにエレベーターに乗ってしまった。

 肩の凝りも、背中の痛みも、治らない腱鞘炎も、だるくなる脚も。
 スッキリさせたかった。
 また汗をたっぷり流して、あー爽快! というきもちになりたかった。

 ・・・のだろう。

 自分で回数券を購入したとは言え、痛い出費ではある。
 でも、今必要だったのだ。

 最近のわたしは欲ばりになった。
 すきな人からたくさんメールも電話もほしいし、早く会いたいし、仕事ももっとがしがししたいし、ともだちともっとたくさん話したり、飲みに行ったりしたいし、ヨガも続けたいし、新しいバイクも早く乗りまわしたいし、もっといろんなところに旅もしたいし、新しい洋服も靴もほしい。
 多少の優先順位があっても、どれもこれも譲りたくない。

 自分がこんなに欲深いとは。
 忘れていた自分を、思い出した。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-11-05 19:52 | 一日一言