言霊の幸わう国

香港イヤー 第3幕 「エンジョイ ショッピング」

c0047602_20283263.jpg
 2回目の香港。
 しかも前回と同じ時期、同じメンバー。
 ということで、行く前から脱力。
 飛行機の中も脱力。
 わたしにはしては珍しく、段取りをあまりせずに出かけた。

 香港でこれがしたい! と思っていたこともあまりなく、アランチャンのお店とマッサージに行くことと、パシュミナを1枚また買おうかなということぐらいだった。
 それなのに、といううか、だからこそ、なのか。
 意外なほど、買い物をした。

 まずは1日目に、現地ガイドさんに連れて行かれた宝石店。
 前回のときも行って時間をもてあました経験があったので、自分でも買うつもりは全然なかった。
 それなのに、ピアスを見ていてそのままふわふわっと買ってしまった。
 2日目はおみやげを探しがてら入ったお店が気に入って、Tシャツと、栞と、クッションと、コースター数種類を買った。

 クッションは45×25センチくらいのもので、チチハハのおみやげと自分用にと結局3つ買ってしまった。
 そんなもの3つも買ってスーツケースに入るのか、それよりもホテルまで持って歩くのもかさばるのに、という代物。
 あまりの大きなお店の袋に、道行く香港人に中を覗かれたほどだった。

 でも、そうまでして買いたくなるくらいかわいかったのだ。
 大きさも、カバーの素材や色も、中のクッションの素材も、いろいろあってほんとうに悩んだ。
 1度棚から取り出して手にしては、次のものに取り替えてみたり、やっぱり元のものに戻したり、クッションのコーナーでうろうろうろうろしていた。
 珍しく、悩みに悩んだ。

 その間に、店員さんが何度か通り過ぎたのは知っていた。
 店員さんは悩んでるな、この日本人、と思っていただろう。
 ふと目があったとき、香港のメガネ男子の店員さんはわたしにこう言った。

「エンジョイ ショッピング。」

 買い物でアドレナリン出まくったわたしに、その言葉は冷静さを取り戻させた。
 と言っても、買い物欲を抑えてくれたわけではない。
 ほんとうにほしいものを買う、ということを思い出させてくれたのだ。

 そのあとも、ともだちがパシュミナを選ぶ横でマフラーを買い、キラキラしたスパンコールのついた巾着袋を買い、免税店で香水を買い。
 買い物欲は、静かな熱でもって持続した。

 あー、やっぱり買い物って楽しい!
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-12-23 20:29 | 旅行けば | Comments(0)