言霊の幸わう国

今年をふりかえる 2006 その弐

 今日のふりかえりは、旅。
 2005年ほど旅はしなかったけれど、どこもしっかり胸の中に収まっている。
 またいつか行こうと思う。

1.トーキョー
 あえて、カタカナ表示。
 旅とはまた違うかもしれないけれど、久々に夜行バスで新宿に降り立ったことやファーストフードのお店でのめり込むように本を読んだことなど、なぜかそんなことが印象に残っている。
 自分がよそものだと感じる、あの独特の空気感がときどきほしくなる。

2.山形・宮城
 氷点下16度の世界に、自然には太刀打ちできない! と実感。
 でも寒さが痛いと感じる世界は、この世のものとは思えないくらい美しかった。
 松島で食べたカキもおいしかった!

3.尾道
 泊まりはしなかったけれど、1年半ぶりに出かけた。
 ひとりで歩くせいでペースがつかめず、またもや昼過ぎに膝が笑い出した。
 いつ行っても、帰ってきた、と思える場所。
 今度は誰かと一緒に行こう。

4.佐賀
 2度目の誕生日旅行。
 思うところあって、ひとりで出かけた。
 有田で泊まった青望庵で、静かに誕生日を迎えた。
 32歳最後に書いた手紙。今年1番のラブレターだったと今思う。

5.ぼんキャン
 毎年夏恒例の、キャンプ。
 今年は、ぼんキャン7回目にして初めて川で泳いだ。
 唯一、わたしが張り切らない、がんばらない旅。

6.新潟・村上
 ひとり旅のような、ひとり旅でないような。
 たくさんの人と会って、たくさんの人と話した。
 まだまだ知らない世界がたくさんあるんだなと、思い知らされた。
 帰ってきてから、消化するのに時間がかかった旅。

7.伊豆・修善寺
 東京から東海道線で三島まで。そのあと電車を乗り換えて、修善寺へ向かった。
 冬の朝の寒さをほんの少し感じながら、だんだん大きく海が見えるのがおもしろかった。
 念願が叶ったことが、静かに、うれしかった。

8.香港
 3年ぶりの香港イヤー。
 今回2回目だったけれど、まだまだ行きたいところを残して帰ってきた。
 それが、旅の醍醐味だと思う。
 満腹で帰ってこないから、また行こうと思えるのだ。


 旅したところ。
 旅したいと思ったところ。
 比べたら、断然旅したいと思ったところが多かった1年だった。
 
 来年もまた、わたしは旅をするだろう。
 でもたとえ旅をしなくても、旅をしているようにいつでもひゅんときもちが飛んでいけるような軽やかな自分でいたいなと思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-12-26 23:30 | 一日一言 | Comments(2)
Commented by mackworld at 2006-12-27 00:46
■こうやって見ると、けっこう旅に出てるだすなー。
オイラは県外に1回も出なかったなぁ、来年は出たいなー猪のごとく勢いよくドドドドドドっと。
Commented by fastfoward.koga at 2006-12-27 19:04
mackさん、こんばんは。
わたしも並べてみて、意外でした。
案外、ふらふらしてるやん、って(笑)。
県外から出ないというのも、それまたすごい。
そりゃー、来年は出かけないとね。