言霊の幸わう国

準備オッケー

 昨日、ちょっと買い物がしたくて仕事帰りに、四条へ寄った。
 四条烏丸で買い物をして、次に向かうは四条河原町。
 どの通りを通ろうか少し考えて、時間を確認してから、錦を通ることにした。

 錦といえば、京の台所と呼ばれるとこ。
 年末はおせち料理の買い物をする人で、特に賑わう。
 わたしは、そこで年末を、17歳から23歳まで毎年過ごした。
 錦にお店のあった蒲鉾屋さんで、ずっとバイトをしてたから。

 19時を少しまわってたけど、いつもより営業時間を長くしているお店も多くて、まだ通りには結構お客さんもいた。
 のんびり品物を見て時には団体で立ち止まる観光客らしき人をうまくすり抜けながら、懐かしい通りをいつもよりはゆっくり歩いた。

 見上げると、カラフルなアーケード。
 足元は始終お店から流される水でひんやりして、頬に触れる空気も通りの中のほうが冷たい。
 魚や貝の塩気を含んだ匂いや、お茶を炒る香ばしい香りなんかが、あー懐かしいわぁと思わせる。
 通るたびに替わる店をちらちら横目で確認しながら、歩を進めた。

 毎年12月30日は、狭い通りで人がおしくらまんじゅうをしているような光景が見られた。
 商品を出すために通りに出ると、なかなか店の中に戻ることができひんくらいやった。
 朝から晩まで、店の中も外も、とにかく忙しかった。

 そんな年末が脳にインプットされているから、働き出してからの年末が年末らしく感じひんのかもしへん。
 そう、ふと昨日思った。

 久しぶりにちょっとだけあわただしい年末を疑似体験。
 いよいよ、年越しやなという感じがしてきた。
 準備オッケー、って感じ。
 


 それでは、みなさん。
 今年も大変お世話になりました。
 たわいのないものを読んでいただいたり、コメントをいただいたり、うれしかったです。
 ありがとうございました。

 また来年も、よろしくお願いいたします。
 よいお年を!
[PR]
by fastfoward.koga | 2006-12-31 18:21 | 一日一言