言霊の幸わう国

家出娘

 仕事が終わってビルを出る前に、入口近くの鏡の前で歩く自分の姿を確認した。
 少し裾広がりの黒のコートに、カラフルなマフラーをひと巻きして片側にだけに垂らして歩く自分。
 スタスタと、小さく歌を口ずさみながら自動ドアをすり抜けた。

 歌っていたのは、くるりの「家出娘」。

 わたしは、家出したことはない。
 小心だし、いい子だし、そういうことはわたしにはできない。だいたい家出なんて、現実的ではない。
 家出を本気でしようなんて、と思っていた。
 よく考えれば、本気でなければできないことなのだけれど。

 冒険だって、同じだ。
 あれは物語やアニメの中だけの話だと思っていた。

 子供のころは、「トムソーヤの冒険」のトムが嫌いだった。
「赤毛のアン」のアンもそう。
 思ったことを口にして、大人を驚かせるこどもが生理的に許せなかった。
 今となっては、素直に思いを表現できることがただうらやましかっただけだとわかっているけれど、あのころは本当にあんな子が自分の近くにいたら嫌だなと思っていた。

 世間では当然のごとく大人と呼ばれる今となっては、家出する必要なんてもうないのだろうか。
 冒険はいくつになったって、できる。
 でもなぜか急に、家出が魅力的に思えたのだ。

「ララララララ ララララ ラララ ラララ ラララ」と歌い続けたまま、夜道を歩いた。
 空を見上げて、ふとさっき鏡に写った自分はマントを羽織った風の又三郎みたいだと思った。

 家出とは、なにも言わずにうちを出て戻らないことを言うらしい。
 今年は、ひゅっと風に吹かれて家出してみるか。
 だったら今日みたいな風の強い日がいいな。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-02-15 23:33 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by zuko44 at 2007-02-17 10:55
ラララ・・のあたりで「一円玉の旅がらす♪」を当てはめてしまったら
もうそこから逃れられなくて、
こがさんがひょうきんな人に思えてしまった。
Commented by fastfoward.koga at 2007-02-17 18:14
ヨシさん、こんばんは。
「一円玉の旅がらす」とは(爆)!
その曲を当てはめるヨシさんのほうが、かなりひょうきんでございます。
Commented by the-sahara at 2007-02-18 18:10
う~ん、魅力的ですね~。
これから社会人になるわけでして、多少とはいえ、今までよりは
財布も大きくなるわけでして。
できますね、家出。
いつか本当にやるかもしれないなあ……。
Commented by fastfoward.koga at 2007-02-19 19:59
さはらさん、こんばんは。
数日間、家出か家出・・・と考えていたときに、ふと思い出しました。
昨年、1度もうこのままうちに戻れなくてもいいと思って、うちを出たことを。
結局、出張を終えて帰りましたが。
思うとあれが大人の家出デモンストレーションだったような気がします。

家出は、出るうちに誰かがいてくれないと張り合いないのかなと思うのですが、どうでしょう? さはらさん。
Commented by cayo at 2007-02-19 22:47 x
昔、『探さないでください』と置き手紙を残して
家出をしてみたいなーなんて思ってました。憧れてたのです。
今は実家に住んでるものの、
すれ違い生活で親からしたら家出してるようなものらしく
今家出をしても探してくれそうもないので、やめておきます。
やっぱり、張り合いがほしいですもの。
Commented by fastfoward.koga at 2007-02-20 22:29
cayoさん、こんばんは。
わたしもcayoさんと同じ状況なので、張り合いないですねぇ。
・・・ということは、捜さないでと言いながら捜してほしいのが家出なのかな。