言霊の幸わう国

ちくちくする

 昨日、寝る前にふとんに足を突っ込んで、大きなクッションに体を預けてお茶を飲んでいた。
 疲れたなぁとふっと目を閉じると、頭の中にひとつの映像が現れた。

 わたしは頭の中のわたしが針を動かしているところを、イメージしていた。

 黙々と。
 淡々と。 
 静々と。

 針をちくちく動かすわたし。

 しばらくそんなことはしていないのに、なぜか迷うことなくイメージが頭の中にできあがり、目を開けるまでそれは途切れることはなかった。
 意外。
 不思議。

 呼ばれている気がする。
 無性に、針を手にして縫い物がしたい。

 仕事が一段落するまで待てそうにない。
 来週あわただしさに一呼吸おける瞬間に、本屋と手芸屋さんに行ってこよう。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-03-07 23:28 | 一日一言