言霊の幸わう国

傘を振り回す

 今日は静かな職場で、久しぶりに気分よくさくさくと仕事をした。
 テレビのニュースを横目に見つつ、午前中は思ったよりも仕事を片付けることができた。
 そんな満足感に浸りながら、遅いお昼を食べているときにふと思った。

 仕事をするわたしと、プライベートのわたしを、ぱっくりふたつに分けられたらいいのに、と。

 仕事を始めると休みなく働いていたいと思う。
 休みになるとずっと休みだといいのにと思う。

 どっちもないと困るくせに、どっちもあるとリズムが崩れる。

 あー、邪魔くさい。なんて邪魔くさい人間なのだ。
 でも今、どっちかしか取れないなら、仕事を取ろう。
 どうせゴールデンウィークも関係ないし。

 無性に、今日指さずじまいだった傘をぶんぶん振り回したい気分。
 拗ねるでも、むくれるでもなく、ただ自分の中に澱んでいたエネルギーを外に出したい。
 それで、校庭みたいに広いところでスポッと傘が手から抜け飛んで、どっかへ飛んでいけばいい。

 そんな小学生がするような、やけに鮮明なイメージが頭を巡る。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-04-22 21:12 | 一日一言