言霊の幸わう国

青い電車

 乗りたい電車がある。

 おとつい、会社帰りに地下鉄2駅分をてくてく歩いているときに、高架を走るその電車を見た。
 思わず、テンポよく歩を進めていた足を止めた。
 わたしはただ、じっと突っ立って見つめていた。

 先日の日曜日は、JR大阪駅でホームに停車しているその電車を見た。
 乗り込む人の姿を見て、思った。

 あぁ、そうか。
 わたしもああやって乗ればいいのだ。

 近いけど、遠い場所。
 遠いけど、近い場所。

 どんなところも、わたしが行きさえすれば近くなる。
 行かなければ、どんどんどんどん、遠くなる。
 絵に描いた餅と同じだ。

 わたしには足がある。
 どこまでも行ける足がある。
 どこでもドアがなくても、大丈夫。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-05-10 23:17 | 一日一言