言霊の幸わう国

5月の巻

1  伊坂幸太郎  アヒルと鴨のコインロッカー
2  ドストエフスキー
             罪と罰(下) 
3  向田邦子    夜中の薔薇
4  伊坂幸太郎  チルドレン
5  伊坂幸太郎  ラッシュライフ 
6  江國香織    ぬるい眠り
7  大石英司    神はサイコロを振らない ※
8  島本理生    大きな熊が来る前に、おやすみ
9  伊坂幸太郎  重力ピエロ
10 伊坂幸太郎   陽気なギャングが地球を回す
11  鳥越一朗    電車告知人 


 完全に、取り戻しました。
 本を読むペースがぐいぐい上がっています。
 でも今年はスロースターターだったため、昨年の同時期より10冊ほど少ないのですが。

 今月は1週間に2回ほどのペースで本屋に立ち寄り、本を購入しました。
 おかげでお給料日までまだ日がありますが、そろそろセーブせねばなりません。
 原因は、伊坂幸太郎です。
 本屋に平積みされているのはよく見かけていましたが、どうも手を出せずにいました。
 が、早く読んでいればよかったと後悔するくらいおもしろい作家です。

「アヒルと鴨のコインロッカー」は夏に映画が公開されますが、キャスティングはなかなかのものです。
 映画に疎いわたしでも、これは見に行かねばと今から勇んでいます。

 でもここに書いておきたいのは、「神はサイコロを振らない」です。
 読むのは2度目ですが、泣きました。
 前回は泣いたっけなーと思いながら、部屋でひとり読んで泣きました。
 本を読んで泣くのは久しぶりです(たぶん)。

 読んでない人には読んでほしいなぁ。
 書きたいと書くわりには、短いですが・・・。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-06-05 22:05 | 本の虫