言霊の幸わう国

コルネリウス・タキトゥス 『歴史』

 「好きなように考え、
    思うところを口にしなさい」


 久しぶりに、開いた。
 この本は迷ったときにしか、開かない。

 不安がまた迷いを引き起こしていた。
 ひとつの迷いが、別の迷いを誘い込み、大きくなって、また同じような大きさの迷いを引き付けて・・・。
 そのくり返し。

 でも、はたとそのからくりに気づいた。
 そして思い浮かんだ言葉が、万有引力。

 不安は怖いぐらいの強さで、どんどんどんどん不安を引き寄せていた。
 不安が邪魔をして眠れなくて、睡眠不足で目を充血させて仕事に行った。
 朝はもそもそと動いていたけれど、しだいにエンジンがかかり始めた。
 昼過ぎには急に悟ったようにきもちが晴れた。
 そうしたら、不安の引力は衰えた。

 不安がなくなったわけじゃない。
 でも、ただ信じようと思った。
 信じてほしいと相手に思うのと同じように、相手を信じたい。

 これがわたしの「好きなように考える」なのだ。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-06-06 22:32 | 答えはそこに