言霊の幸わう国

 音楽に心躍っている。

 今日は朝から晩まで、追われて追われて追われ続けて仕事をした。
 でも夕方から、デスクから人影がなくなるたびにきもちは軽くなり、ハナウタで「JUBILEE」を歌っていた。

 最近はいい具合に、耳が動いている。
 楽しい、と耳が音をうまく拾い上げるのだ。

 同じように、ここ数ヶ月話すときに詰まりがちだったわたしの声も滑らかだ。
 するすると言葉が声になる。

 試しに音読したら、いい感じで声が滑り出した。
 先日買った「ロッキングオンジャパン」に載っていたくるりの岸田くんのエッセイ。
 タイトルは「恋」。

 読み出したら、おかしいくらいに言葉も声も、自分に沁み込んだ。
 歌は歌えないけれど、この声を響かせてそれが自分から離れてひとつの音になるのを楽しんでいる。

 そんなつまらないことを、誰かにちゃんと声にして伝えたい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-06-25 22:54 | 一日一言 | Comments(0)