言霊の幸わう国

鉄子の部屋・南九州編  【7月25日】

★7月25日(水)
   -朝食・鹿児島市内散策-
 11:45 鹿児島中央発 ~ 13:27 都城着(JR日豊本線)
   -昼食-
 14:31 都城発 ~ 15:32 宮崎着(JR日豊本線)
   -宮崎市内散策-
 16:39 宮崎発 ~ 18:13 延岡着(JR日豊本線)
  -夕食・延岡市内泊-



◎8:36  ホテルにて
 毎朝、ホテルの分厚いカーテンを開けるまで外の天気に少しドキドキする。
 が、その必要なし。
 ずっと晴れマークなのだ。


◎11:27  長島美術館にて
 予定になかったけれど、友に薦められてやって来た。
 展示内容もよかったけれど、見晴らしのよさに驚いた。
 桜島を一望。
 鹿児島の人たちにとってはこれが当たり前の、原風景なのだろう。 


◎11:56  都城行き車内にて
 桜島と海を右手に見て、電車は進む。
 行けなかったところはたくさんあるけれど、一路宮崎へ。
 後ろ髪をひかれるほうが、旅はいいのだ。


◎13:01  大隈大川原駅にて
 下り列車との待ち合わせで停まった小さな駅。
 空を見上げると、濃い緑の山の向こうに青空と力強い白い雲。
 見たことのあるような、ないような、夏の景色。


◎13:42  カレーショップイマムラにて
 お昼を食べるために、都城で途中下車。
 駅前のカレーハウスに入った。
 店に置いてある新聞が目に付いた。
 そう言えば、ずっと新聞を広げていない。
 テレビのニュースでは頭に残らないことがおおいなと思う。


◎14:26  都城駅にて
 ホテルにピアスを忘れてきたことに気づき、慌ててホテルへ電話。
 見つかったと連絡があり、ほっとした。
 実はこういうポカミスを結構している。
 かっこ悪くて書けないくらい。
 このあと、気をつけねば。


◎14:32  宮崎行き車内にて
 乗り合わせたサラリーマンのカバンに村上春樹。
「国境の南、太陽の西」を見つけた。
 自分はブックカバーをつけて本を読むけれど、人がなにを読んでいるかはちょっと気になる。


◎22:34  ホテルにて
 夕方、歩いてホテルに向かっていると、足の裏がじんじんした。
 重力を感じる。
 青竹踏みをしたい。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-07-31 20:52 | 旅行けば | Comments(0)