言霊の幸わう国

鉄子の部屋・南九州編  【7月27日】

★7月27日(金)
   -朝食ー
 9:09 延岡発 ~ 10:07 佐伯着(JR日豊本線・特急ソニック22号乗車)
   -佐伯市内散策-
 11:40 佐伯発 ~ 13:17  別府着(JR日豊本線)
   -別府市内散策-
 19:00 別府観光港発 さんふらわー あいぼり


◎9:13  ソニック22号車内にて
 この旅で初めて特急に乗る。
 延岡・佐伯間は、どうしても特急でないと行けなかったのだ。
 シートが柔らかく、車内が静か。
 やっぱり特急だ。


◎10:15  佐伯駅にて
 ひらがなばかりのハガキを1枚書いた。
 旅に出る前、雨が降らないように友Y嬢の愛息にてるてる坊主を作ってもらった、お礼のハガキ。
 早く届くといいな。


◎11:38  佐伯駅にて
 電車の待ち時間に、国木田独歩のゆかりの家に行く。
 国木田独歩って? と歴史上の人物にとんと弱い。
 でも誰かが確かにいた、そこで暮らしたという跡があるものを見るのは楽しい。


◎12:47  杵築行き車内にて
 前に座っていた小学生の男の子。
 豪快に眠っているので、大分か別府あたりまで行くのかと思っていたら、坂ノ下で路線図を見て泣きそうになっていた。
 津久見か臼杵あたりで降りるつもりだったのかも。
 わたしは、どうすることもできず。


◎13:46  関蔵(レストラン)にて
 あじ寿司を食べる。
 うまい。


◎14:58  竹瓦温泉にて
 砂湯に入る。
 汗がなかなか引かない。
 化粧もできず、すっぴんのまま待合室で扇風機にあたる。
 売店に置かれている豆腐プリンやべっぷりんの誘惑と戦っている。


◎16:10  トリコロール(喫茶店)にて
 別府北浜のヨットハーバーが見える喫茶店に入る。
 どっしりとしたソファに座って、紅茶とワッフルが来るのを待つ。
 この旅では、甘いものをあんまり食べなかった。
 その代わり、毎日アルコールを軽く摂取していた。


◎17:10  別府北浜にて
 公園でのんびるする。
 眠い。
 今日もフェリーでぐっすり眠れそうだ。
 
 ふと、ここがどこかわからなくなる。


◎19:04  フェリーのデッキにて
 フェリーが港を離れた。
 もう帰るしかないのだ。


◎20:57  船室にて
 爪にやすりをかけようと、薄暗いデッキへ。
 1週間伸びっぱなしにしていた爪は、髪を切ったときのようにこざっぱりした。
 満月でもないのに、月明かりが海面を照らしている。
 見上げる空には、2機の飛行機。
 今度はあれに乗りたいと、見上げるわたしが言う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-07-31 21:46 | 旅行けば | Comments(0)