言霊の幸わう国

ⅹを求めて

 仕事場で見ていた夕方のローカルニュースから、「彼岸なのにまだ真夏のような暑さ」という言葉が耳に飛び込んできた。
 そうか彼岸かと、仕事が終わってからすきな人にその言葉を使って携帯メールをうった。

 と、ふと、そこでここ数週間つむじ風に弄ばれたままになっていた、腑に落ちないことに合点がいった。
 その、あ、なあんだという思いと同時に、胸の中の重りがすっと消えた。

 理解をし、納得をする。
 それは、なんときもちを軽やかにするのか。
 どんな困難なものごとも、最後に合点がいきさえすれば、わたしは乗り越えて生きてゆけるだろう。
 そう思えるくらい、合点がいくということはすごいこと。

 ずっと自分が探しているのは答えだと思っていた。
 答えさえわかれば、いいと思っていた。
 でも実は、わたしは、答えよりもそこへと導いてゆく過程に惹かれていたのだ。

 高校生のころ、文系のくせに数式を用いる数学の問題がすきだった。
 ひとつの方程式を覚えるだけで、いくつもの問題をスラスラ解くことができるあの楽しさ。
 たぶん、わたしが求めていたのはそういうものだ。

 わたしが思い描いている答えというものは、ひとつの謎に対してひとつではないのかもしれない。
 どれもが正しく、どれもが違っているような気がして、謎の本質まで辿りつけないようなことはきっと山ほどあるだろう。

 それでもわたしは、ああでもないこうでもないとぶつぶつ言いながら、知りうるだけの方程式を使って答えを導き出してゆきたい。
 答えの正しさよりも、過程の芯の強さを、まっすぐさを、ぎゅーっと手の中に握りしめたいと思う。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-09-19 22:49 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by asntbs at 2007-09-19 23:02
なんだか、その感覚はとてもよく分かります。
僕も文系だったけれど、数学のその感覚はなんだか好きでした◎

僕は、筋が通っていて納得のできる話、好きなんです。
逆に話自体は魅力的でも、細部に曖昧な点があるせいでどうもスッキリしない話にはあまり惹かれません。納得ができないのです。
細部のつじつまがキッチリ合うことが重要な要素なんですよね。。

コガさん、こんな僕の気持ちは分かりますか?笑
Commented by cayo at 2007-09-20 07:13 x
おぉおおお

『なんて言ったら良いか分からないけど、
そうそう!!分かるな〜!』と思ったら、asntbsさん!

私も文系ですけど、数学は好きでした。
お2人みたいに考えが言葉に今、全くならないですが。。

結果も含めてですが、
あ〜やっぱりそうなったか。と経過を見るのが好きです。

納得がいかなくて、うううぅうぅ悔しい!とは思いますが、
裏腹な気持ちとか、つじつまが合わない行動を見るのも
嫌いじゃないですけど。。

私のこんな気持ちはどうですか?笑
Commented by fastfoward.koga at 2007-09-20 19:17
asntbsさん、こんばんは。
よーく、わかりますよasntbsさん(笑)。
わたしはその細部のつじつまが気になって、昔は映画を見ることがすきではありませんでした。
特に洋画。
なんでさっきの行動からこの行動に繋がるのさ! と、理解できず、よくひとりで憤慨したものです・・・。
今でも映画の本筋とは違うところでひっかかり、楽しめないこともままあります。
邪魔くさい奴ですね。ほんま。
Commented by fastfoward.koga at 2007-09-20 19:19
cayoさん、こんばんは。
あら、ふたり揃ってコメントうれしいわ。ありがとう。

確かに、裏腹なきもちとかつじつまが合わない行動を見るのは嫌いじゃありません(笑)。
そういうのを傍見ていて、きっとこの人はこういう思いでこんな行動をとったんじゃないかと、推理するのも楽しいですからね。

cayoさんのきもちも、よーくわかりますよ(笑)。
Commented at 2007-09-20 22:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fastfoward.koga at 2007-09-21 10:22
鍵コメさん、こんにちは。
今お邪魔してきました。
また覗かせていただいますね。

イベントまであと少し!
ほんま楽しみですねー。