言霊の幸わう国

尾道へ 5歩目

c0047602_1215175.jpg

 尾道に行くと、必ず行く場所がある。
 それは、千光寺さん。

 千光寺さんに行ったら、まず本道にお参りして、そのあとおみくじをひく。
 ここのおみくじは、中に小さな七福神が入っている。
 おみくじの結果はもちろんだけれど、どちらかと言うとそちらの方を楽しみにしている。
 と言うのも、七福神のうちのどの神さまが自分の元にやってくるから開いてからじゃないとわかならいからだ。

 今まで尾道を訪れること、6回。
 そのうちおみくじをひいた5回でわたしのところへやってきた神さまは、毘沙門天がふたり、福禄寿がひとり、そして大黒さんがふたり。
 名前の聞き慣れた布袋さんや恵比寿さんに会いたいなと思うのだけれど、これがまたなかなかお目にかかれない。
 今回も期待をして薄い緑の包みを開いたけれど、中から出てきたのは大黒天だった。

 少し残念に思いながら、包みに書かれた大黒さんについて記された言葉を読んだ。

「家の中には大黒柱、又その家を支える人を大黒柱というように人々の願望をたのもしく引き受けて、成就させてくださるのがだいこく様です」

 なぜかそこで、頭にいつもの職場の映像が頭に浮かび、わたしは自分の元に大黒さんがやって来た理由がわかった気がした。
 頼れる存在になれ、と言われたのだろうか。
 そう思ったのだ。

 力強く、力強く。
 言葉どおりたのもしくなれるように、大黒さんがついていてくれる。
 と、信じて、今は小さな金色に光る大黒さんを財布の中に忍ばせている。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-09-21 11:53 | 旅行けば | Comments(2)
Commented by tabikiti at 2007-09-21 18:42
おこんばんはー
毘沙門天持ってます、多分おんなじヤツ
何処で引いたおみくじなのか、記憶が・・・
おみくじ って何となく暗示している事、在ったりしますね。
大吉より末吉が、内容良かったりするし、不思議です。
Commented by fastfoward.koga at 2007-09-22 23:42
太美吉さん、おこんばんはー。
最近ひくおみくじは、これはお告げだなと思います。
たいてい「待て」という意味のことが書かれています。
ということで、日々、あせるなあせるなという毎日です(笑)。