言霊の幸わう国

ともに生きる

 最近、「求めない」(加島祥造著)という本が売れているらしい。
 わたしも先日、新聞広告でこの本の存在を知った。

 その広告には、「求めない すると、本当に必要なものが見えてくる」というコピーが書かれていた。
 失恋したばかりのわたしは、隣にいるチチの存在をいつも以上に意識しながらその言葉を飲み込んだ。
 そうか、求めなければこの寂しさも悲しさもなくなるのか。
 と、求めない世界への扉に手を触れようとした瞬間、違うだろうと即座に手を引っ込めた。

 一昨日、立ち寄った本屋さんでこの本を見つけた。
 小さな白い本を手にとって見た。
 ぱらぱらとめくり、嫌気がさして棚に戻した。

 だから、わたしはこの本を読んではいない。
 でも誤解を生むタイトルであり、コピーだと思う。

 なにも求めなくていいのは、持っている場合のことだ。
 求めなくて、なにがいったい充足するというのか。
 いつまでたっても空っぽは空っぽのままじゃあないか。

 なくして、なくしたものの大切さを知ることも。
 今持っているけれど、もう少しほしいと思うことも。
 やっぱりあっちがいいと思ってしまうことも。
 止められないことは、間違いなくある。

 無になれれば、求めずに生きてゆけたら、邪念を振り払って心安らかに一生を暮らしてゆけるのかもしれない。
 でもわたしは、人との別れに泣いて、失敗に嘆いて、思い通りにならないことに憤りを感じ、いつまでも欲と闘い、そして共存しながら生きてゆく。
 自分の涙もため息も、自分で拭ってやるさ。 
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-10-23 23:28 | 一日一言 | Comments(6)
Commented by korotyan27 at 2007-10-24 00:49
こんばんわ。
失恋に限らず大切なものを無くしてみると逆に得るものもあったりしますよね。
これからきっと前向きな何かがあると思いますよ。
しかし求めないと得るものもあるのでしょうかね?余計な欲は求めなくていいですが何かマイナスな感じを受けますね。なんだろう?

話は変わりますが文章の組み立てうまいですね~。
私は抽象的に話すのでよく聞き返されます。
kogaさんが本を読まれていることを文章より察します。
Commented by mamepanapollo at 2007-10-24 07:04
おはようございます。
生きるって、こういうことだと私も思いました(最後の5行)
形は違うけど先日祖父と最後のお別れをして
深い悲しみと一緒に大きな深い優しさを祖父からもらいました。
だけどその側では親戚のいざこざがあっったり・・・
泣いて怒って笑ってです。
だけどやっぱり生きていかなね~
闘うコガさん、好きです
陰ながらいつも応援してますぞ!
Commented by w-rainbow-rieko at 2007-10-24 07:33
わたしにはこの本が何故売れているのかワカリマセン。
大分前に本屋で見つけて(そのときは普通に棚にたった1冊だけ並んでました)パラパラしてみましたが
kogaしゃんと同じく嫌気がさして「何じゃこりゃー!!?」ってすぐに戻しました。
全くもってkogaしゃんと同意見でございますm(_ _)m
Commented by fastfoward.koga at 2007-10-25 22:49
korotyan27さん、こんばんは。
妙な本ですよね。
でもこの本に共感されている人がいるというのも、事実。
きっと「求めすぎない」ということを言いたいのだとは思いますが・・・。

この記事は、久しぶりに自分でもよく書けたと思えたものでした(笑)。
お褒めいただけて、とっても光栄です。
ありがとうございます。
Commented by fastfoward.koga at 2007-10-25 22:51
mamepanapolloさん、こんばんは。
あ~、なんて沁みる愛の告白(笑)。
いつもありがとうございます。

生きてゆくということは、やはり喜怒哀楽、なのですね。
Commented by fastfoward.koga at 2007-10-25 22:53
リエコさん、こんばんは。
あの白い装丁はやんわりしているようで、実はものは言わせない、みたいな嫌な迫力を感じますね。
うーん、やっぱりなんかいややねぇ。