言霊の幸わう国

やっつけ仕事

 読みかけの本を、今読み終えた。
 おそらく10年近く、わたしの枕元に置かれていた本。
 長い道のりだった。

 長文でも難解でもない。
 相性というものでもないと思う。
 ただ独特の文章リズムに惑わされ、どうしても読みきることができなかった。

 同じような本は、もう1冊ある。
 これもおそらく10年近く枕元が定位置になっている。
 いつになったら、本棚へ連れてゆけるのか・・・。

 なんとなく、今はやりかけていることをひとつずつ片付けたいなぁ、という気になっている。
 気になっていたクローゼットの掃除とか、おこづかい帳をエクセルで作ってみるとか、読みかけの通信教育のテキストを開いてみる等等。
 
 そこになにも求めていないのだけれど。
 ま、いいかと。
 只今、結果や答えを求めるのにちょっと疲れ気味。
[PR]
by fastfoward.koga | 2007-11-11 20:07 | 一日一言 | Comments(0)